Torta: ほかのグラフィカル実行環境を依存せずファイルをハードディスク上に使用状況を分析するツール

Tortaとは、GordonというLispのFlash生成ライブラリを利用して、ほかのグラフィカル実行環境を依存せずファイルをハードディスク上に使用状況を分析するオープンソースのツールです。Tortaでは、ハードディスク上のファイルを分析して、FlashのSWFファイルを生成するので、特にほかのクライアントなどのインストールする必要がなくて、Flashサポートされるブラウザで分析結果を見えます。実行するのはCommon Lisp環境を必要なので、Windowsユーザはその環境のインストールが必要です。ちょっと使って見ましたが、Windows上の使用はちょっと不便な感じがあります。Linux/UnixではCLispがインストールされるのは普通ですから、便利となると思います。

※Lisp:リスプLISt Processingの略、関数型プログラミング言語の一種で括弧を多用する独自の文法を持つ。ただし、変数への値の代入(束縛)も可能な、手続き型言語の性格をもっているものもある。動的な型付けを行う(値には型情報を持つが変数は型を持たない)、前置記法を持った、コード自身をファーストクラス(一級市民)オブジェクトとして扱うことができる

Continue reading “Torta: ほかのグラフィカル実行環境を依存せずファイルをハードディスク上に使用状況を分析するツール”

JSwiff: Adobe Flash fileの生成、操作のオープンソースのフレームワーク

JSwiffとは、ピュアJavaでAdobe Flash fileの生成、操作のオープンソースのフレームワークです。

Flashファイルの読み書き機能を提供しています。紹介したTransformJavaSWF2JGeneratorと同じのようなJavaで実装されたフレームワークですが、GoogleやYahooで検索して見ましたが、日本語世界にJSwiffの使用者は多くないようです。

厳しいライセンスGPLを採用するのは、原因の一つかと思います。

Continue reading “JSwiff: Adobe Flash fileの生成、操作のオープンソースのフレームワーク”

JavaSWF2: JavaによるFlash解析、生成ライブラリ

JavaSWF2とは、 JavaによるFlashを解析、生成するオープンソースライブラリです。おそらく何か頭中にそういうものがあるかというイメージがあるでしょう?そうそう、「はんにん」は、前回紹介した「Flagstone Transform: 文字列からswfを生成するオープンソースライブラリ」です。

JavaSWF2の基本的な機能としては、FlashのSWFファイルからテキストに変換することです。オブジェクトモジュールを使ってテキストとか、JPEG画像などのロード、生成もできます。XMLファイルからSWFへの変換もできます。

Continue reading “JavaSWF2: JavaによるFlash解析、生成ライブラリ”

Flagstone Transform: 文字列からswfを生成するオープンソースライブラリ

Transformとは、Javaフラッシュ(.swf)ファイルを分析し、符号化するオープンソースのライブラリです。機能から見ると前回紹介した「Ming: PHP、C/C++、Perl、Python、RubyからSWFフォーマットのFlashを作成するオープンソースのライブラリ(使用例を含む)」と少し似てますね。SWFとFLVの読み込む操作をできます。サーバに入力された文字列をswfに変換して、Flashから読み込むといったこともできます。クラスおよびFlash(SWF)ファイル形式の指定のデータ構造はFlashファイルを発生させるために高レベルapiに実用的なクラスと共に提供されます。

Continue reading “Flagstone Transform: 文字列からswfを生成するオープンソースライブラリ”

swfmill: swfファイルとXMLファイルを相互変換するオープンソースツール

swfmillとは、swfファイルを解析してxmlファイルに変換したり、逆にxmlからswfファイルを生成することができるツールである。内部的にMTASC(前回紹介した:MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラを参照してください)を利用し、FlashのSWFファイルを生成とする。

SWF内に画像やフォントが埋め込まれている場合、それらを取り出してdataとしてXML内に出力することができる。なので、そのXMLを再度SWFにすると、画像も再現されるのだ。これができるのは凄い。とは言え、SWFからXMLを生成し、再度SWFを生成し直したときの再現は完璧ではない。アクションの一部はうまく動作しなくなった。だが、画像のスライドショー等、簡単なSWFであれば十分XMLをベースに生成できそうだ。簡単でと言えば、SWFMILLでできること:

Continue reading “swfmill: swfファイルとXMLファイルを相互変換するオープンソースツール”

SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション

Adobe AIRアプリケーションにLoaderクラスを利用してロードされた画像ファイル、内部的に圧縮されたSWFファイルではなくて独自なフレームとして保存されます(そのような話について、正式なドキュメントとか資料はないようですが、誰か知ってるとぜひ教えていただきますね)。

BitmapDataをPNGやJPEGなどをエンコードして、loadBytesメソッドでLoaderにロードして、終わったらLoaderInfoクラスのbytesというプロパティでSWFに出力するようになります。そうする、SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存することをできました。注意しなければいけないのは、そのような操作はAdobe AIRだけです。ほかのウェブ系とかはいけないです。

Continue reading “SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション”

CSSでFlexアプリケーションにMP3サウンドファイルを埋め込む操作

小さなサウンドの場合、外部のファイルからサウンドをロードする代わりに埋め込みサウンドを使用するのは最も有効です。

アプリケーションにサウンドファイルを埋め込むと、そのサウンドファイルのサイズだけ SWF ファイルのサイズが増加します。つまり、アプリケーションに大きなサウンドファイルを埋め込むと、SWF ファイルが望ましくない大きなサイズになる可能性があります。

Flex アプリケーションにサウンドアセットを埋め込む場合、次のような方法があります。

Continue reading “CSSでFlexアプリケーションにMP3サウンドファイルを埋め込む操作”