ZLog: MTASC中にも使えるオープンソースのログシステム

MTASC(@see MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラ)を使ったことがある方達は、特にCやC++の経験がある方、何か便利なログクラスが作ってほしい場合があると思いますね。実は自分で作成必要がなくて、今回紹介する「ZLog」はMTASC中にも使えるオープンソースのログシステムです。

ZLogは以下の二つ部分で構成されています。

・console HTMLページに表示する

・connector クラス LocalConnectionオブジェクトを作ってコンソールに渡す

※LocalConnection クラスでは、LocalConnectionクラスとは、AIR以前からも存在した、Flex/Flashアプリケーション同士で通信を行うための仕組みです。LocalConnectionを利用すると単一 SWF ファイルまたは複数の SWF にまたがる別の LocalConnection オブジェクトでメソッドを呼び出す LocalConnection オブジェクトを作成できます。ローカル接続により、fscommand() または JavaScript を使用しなくても、この種類の SWF ファイル間の通信が可能になります。

 

logger lg

Continue reading “ZLog: MTASC中にも使えるオープンソースのログシステム”

MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラ

MTASCとは、Motion-Twin ActionScript2 Compilerの略、コマンドラインActionScript 2.0コンパイラーだ。2005年1月頃に、version1.0が出た。Javaにおけるjavacのような感覚でSWFの開発ができる。MTASCを利用して、Flashファイル(SWFファイル)を作るにはMacromedia Flashを使わないといけないわけではないだ。MTASCを使えばFlashのスクリプトActionScriptを記述することで、Flashファイルを生成することをできる。MTASCはコマンドラインから利用するので、エディタでC/C++などを開発することを慣れる方にたいして、Flashの煩雑なGUIを利用せず、使い慣れたエディタを利用してプログラムを作成できる(デザイナーの人にとっては、扱いにくいものに感じられるかも)。

Continue reading “MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラ”