SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション

Adobe AIRアプリケーションにLoaderクラスを利用してロードされた画像ファイル、内部的に圧縮されたSWFファイルではなくて独自なフレームとして保存されます(そのような話について、正式なドキュメントとか資料はないようですが、誰か知ってるとぜひ教えていただきますね)。

BitmapDataをPNGやJPEGなどをエンコードして、loadBytesメソッドでLoaderにロードして、終わったらLoaderInfoクラスのbytesというプロパティでSWFに出力するようになります。そうする、SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存することをできました。注意しなければいけないのは、そのような操作はAdobe AIRだけです。ほかのウェブ系とかはいけないです。

Continue reading “SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション”