GPLFlash: GNU/Linux上でAdobeのFlashムービーを再生しよう

Linux系ユーザは知ってる課も知れないが、LinuxでFlashムービーを正しく再生できない場合がありますね。

今回紹介する「GPLFlash」とは、GNU/Linux上でAdobeのFlashムービーを再生するオープンソースプロジェクトです。

公式ページから見ると2007年の1月から更新してきてなかったようですが、Adobe Flash Player及びブラウザ・プラグインの代替を目指す、もしくはそのようの機能が要求されている製品があればこのプロジェクトのやり方はある程度で参考出来ると思うので、なんとなく紹介しよう。

Another-alternative-Flash-runtime

Continue reading “GPLFlash: GNU/Linux上でAdobeのFlashムービーを再生しよう”

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した

「古い」のニュースだと思いますが、イベントのメモとして記録します。

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版、米アドビ システムズは12月18日(米国時間)に正式で公開しました。ダウンロードパッケージはFedora 8、Ubuntu 7.10、openSUSE 10.3に対応していて(統合デスクトップ環境はGNOMEとKDEに対応する)、AdobeはこれまでにWindows版とMac OS X版を提供しています。

Continue reading “リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した”