Granite Data Services: オープンソースプロジェクトによって開発されたデータサービス

Granite Data Services (GDS:Granite は花崗岩の意味)とは、Adobeの商用製品であるLiveCycle Data Servcices(LCDS:Adobeのデータサービス技術)やBlaze Data Sercvices(LCDSのリモート技術やメッセージ技術などをオープンソース化したもの)の代替となるオープンソースプロジェクトによって開発されたデータサービスです。GDSは LGPLライセンスの下で使用でき、2008年1月30日にはプロダクション版であるGDS 1.0がリリースされました。

「BlazeDS」 は強力なライバルとなるでしょうが、「GDS」 には 「BlazeDS」 では提供されないデータ管理機能も備わっているため、Flex 利用者の増加と共に、これまで以上に注目されることになりそうです。

プロジェクト創設者のFranck Wolff氏はまず最新のリリースで何が新しくなったのかをInfoQに語った。

gds-stack

Continue reading “Granite Data Services: オープンソースプロジェクトによって開発されたデータサービス”