PyAMF: PythonのためにAdobeのFlash Playerに対応しているサポートアクションメッセージ形式( AMF )を提供する

この前はPHPからAMFメソッドを呼び出すライブラリ「SabreAMF: FlexをPHP5と連携させるフレームワーク」などと.NETの「FluorineFx: Flexと.NET間でAMF通信できるライブラリ」を紹介しましたね。フリーなオブジェクト指向プログラミング言語Pythonは、動的な型付け、ガベージコレクション、マルチパラダイム、モジュール、クラス、オブジェクト等の言語の要素が内部からアクセス可能であり、リフレクションを利用した記述が可能など幾つか特徴があるので、Google App EngineもPythonがサポートされています。

PythonからAMF通信できますか。今回紹介PyAMFとは、オープンソースプロジェクトとして、PythonのためにAdobeのFlash Playerに対応しているサポートアクションメッセージ形式( AMF )を提供しています。

python-logo-master-v3-trans

Continue reading “PyAMF: PythonのためにAdobeのFlash Playerに対応しているサポートアクションメッセージ形式( AMF )を提供する”

AnimationPackage: Flash Player 6以降サポートされてるActionScriptライブラリ

AnimationPackageというものは、Flash Player 6以降サポートされてるオープンソースのActionScriptライブラリです。AnimationPackageを使うとントロールポイントとか曲線のパスとかの計算は簡単となれます。以下は公式サイトにAnimationPackageについて紹介; ”AnimationPackage is an ActionScript library compatible to Flash Player 6 and above. It helps you to create powerful, maintainable animations and primitive shapes in an efficient and easy way, resulting in small file sizes.”。

Continue reading “AnimationPackage: Flash Player 6以降サポートされてるActionScriptライブラリ”

s2x: Flashのcookieファイル(*.sol)とXMLフォーマットの互换用Pythonスクリプトソース

すみませんけど、「古い」の話だかも^^)、WINDOWSシステムに、「Application Data」→「Macromedia」(現在はAdobe)→「Flash Player」の配下の何にかフォルダの下には、「.sol」ファイルというのがある可能性があります。これって一体何ですか?

SOLファイルというのは、Flashのcookieファイルです。「Flash Player が利異様するクッキー(.solファイル)には、システムファイルの場所を推定できるような情報が含まれている。一方、リモートからその場所にファイルを保存させることができるので、クッキーにスクリプトを含ませておけばローカルのスクリプトとしてブラウザから実行させることができてしまう。ただし、そのためには攻撃者がローカルのユーザ名を知っている必要がある。」という弱点があります(現在のバージョンはその問題がなくなるね)。

Continue reading “s2x: Flashのcookieファイル(*.sol)とXMLフォーマットの互换用Pythonスクリプトソース”

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した

「古い」のニュースだと思いますが、イベントのメモとして記録します。

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版、米アドビ システムズは12月18日(米国時間)に正式で公開しました。ダウンロードパッケージはFedora 8、Ubuntu 7.10、openSUSE 10.3に対応していて(統合デスクトップ環境はGNOMEとKDEに対応する)、AdobeはこれまでにWindows版とMac OS X版を提供しています。

Continue reading “リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した”