Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します

通信データ量が多いAdobe AIRアプリケーションに対して、圧縮機能を使わなくて直接データを送受信すると効率方面もよくないし、無駄なリソースも必要となりました。

ByteArray クラスは、バイトレベルでデータにアクセスする必要がある上級の ActionScript 開発者を対象としています。ByteArray クラスには、バイナリデータの読み取り、書き込み、および操作を最適化するメソッドおよびプロパティがあります。該当クラスの「compress():void」というメソッドはzlib 圧縮を使用して、バイト配列を圧縮します。

圧縮すると通信データ量も小さくとなって、スペードをアップすることができますね。以下はActionScriptとJavaの圧縮データ通信のサンプルソースコードです。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します”