JavaでCSV形式のファイルを読み書きするライブラリソースと使用例(BufferedReaderとFileReaderを利用する)

一般的なプロジェクトの設定ファイルとか、メッセージファイルとか、普通はXMLファイルに保存としますが、マイクロソフトのOffice Ecxelが広くて使用されてますので、CSVを操作するところも多いです。

CSVでは、データの各要素をカンマ(「,」)で区切り、改行がそのままデータ行の区切りを表します。

CSVデータは、一般に「.csv」という拡張子の付いたテキストファイルとして保存されます。テキストエディタだけでなく、Microsoft Excelなどの表計算ソフトでも読み込むことができ、閲覧や編集が簡単なため、よく利用されます。

以下のクラスには、BufferedReaderとFileReader利用して、CSV形式のファイルを読みかけます。

Continue reading “JavaでCSV形式のファイルを読み書きするライブラリソースと使用例(BufferedReaderとFileReaderを利用する)”