Keyboard入力(Applet)

Java AppletはJava言語で作成したアップリケショーンソース、直接画面に挿入し、Jabaサポートするブラウザで実行できます。Appletはユーザのパソコンで実行するため、実行スピードはバンド幅とモデムスピードに影響されません。今日の例は二つがあります。例の1は、マウスをクリックしてから、文字を入力できます。例の2は文字を入力すると、多彩に表現されて、マウスを移動すると、移動軌跡も書かされます。各種の構図は自由に出来ます。

Continue reading “Keyboard入力(Applet)”

Appletでマウスの入力

今日はマウスのクリックやドラッグなど関数を中心にして、Appletの例を挙げます。ソースを実行する前に、JDKをSunのサイトからDownloadしてください。例の1には、showStatus()がコールされて、マウスの位置はウェブブラウザのステータスバーで表示されます。例の2には、マウスはペンにされて、移動すると、線が書き出されます。

Continue reading “Appletでマウスの入力”

Appletで基本図形を作成する

先週、Appletで直線を作成する方法を勉強しました。図形の世界に、色々基本図形はどのように作成するか、今回やってみましょう。例のスースは次になります。そのうちに使われたクラスやメソッドはSunのリンクに参照してください。

補足説明ですが、Graphics クラスの一部メソッド(例えば、fillRect())にとって、幅や高さのパラメータはピクセルのエッジを指します。一部のメソッド(例えば、drawRect())はそうではない。

Continue reading “Appletで基本図形を作成する”