トップ7個アドビAIRビデオアプリケーション

その前の「Adobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)」にアドビAIRで開発する写真とビデオ関係アプリケーションを紹介しましたが、AIRはFlashフォーマットなどビデオもプレーでき、使いやすいので、eBayやAOLなどいろいろ大手もその技術を利用しています。アドビAIRベースアプリケーションもいろいろ出てきました。今回はビデオ関係のみトップのAIRアプリケーションをピックアップして次にリストします。ぜひ使ってみてください。

※Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)とは米アドビシステムズが開発中のアプリケーション実行環境である。2007年6月にWindowsおよびMac OS X向けのベータ版が公開された。以前はApolloという開発コード名で呼ばれていた。正式版は2007年後半にリリースする見通し。Adobe AIRを使えば,Webアクセスに代表されるインターネットの使い方と密に連携しながらも,Webブラウザの枠にとらわれないアプリケーションを開発できるようになる。Adobe AIRを導入すれば、既存の技術や人、プロセスはそのままに、ブランディング機能を備えた画期的なアプリケーションで新次元のカスタマーエンゲージメントを実現出来る。

Adobe-AIR

Continue reading “トップ7個アドビAIRビデオアプリケーション”

Cairngorm: Flex/AIR RIA構築用フレームワーク

Cairngorm Frameworkは、Flash開発元の adobe が提供している、もっとも長い歴史を持つ、もっとも成熟している、冒頭でも書いたとおりFlexアプリケーションにおけるクライアントサイド、Flex/AIR RIA構築用フレームワークです。 オープンソースであるため、誰でも無償で使用することができます。また、Apache License 2.0で配布されているため商用利用も可能です。

※Cairngorm Frameworkの名称の由来:Cairngorm とは、日本語で「煙水晶」という意味です。これはスコットランドにあるCairngorm山が煙水晶の産出地であったことに由来しています。 iteration::two社もスコットランドにあるので、それにちなんでフレームワークの名称にCairngormを採用したのではないかと筆者は推測しています。

Continue reading “Cairngorm: Flex/AIR RIA構築用フレームワーク”

Flexcover: Flex/AIR/AS3用のオープンソースのコードカバレッジ(テストのコード網羅チェック)ツール

Flexcoverとは、Allurent社のJoe Berkovitz氏が発表された、Flex・AIR・AS3用のオープンソースのコードカバレッジ(テストのコード網羅チェック)ツールだ。

Flex、AIR、AS3に対応していて、mxmlc/compc コンパイラとフレームワークに独自に手を加えたカスタムバージョンのFlexSDKを含んでいて、出力したSWF、SWCファイルに測定用の呼び出し関数を挿入することで、コードの実行とその回数を検知する仕組み。

Continue reading “Flexcover: Flex/AIR/AS3用のオープンソースのコードカバレッジ(テストのコード網羅チェック)ツール”

SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション

Adobe AIRアプリケーションにLoaderクラスを利用してロードされた画像ファイル、内部的に圧縮されたSWFファイルではなくて独自なフレームとして保存されます(そのような話について、正式なドキュメントとか資料はないようですが、誰か知ってるとぜひ教えていただきますね)。

BitmapDataをPNGやJPEGなどをエンコードして、loadBytesメソッドでLoaderにロードして、終わったらLoaderInfoクラスのbytesというプロパティでSWFに出力するようになります。そうする、SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存することをできました。注意しなければいけないのは、そのような操作はAdobe AIRだけです。ほかのウェブ系とかはいけないです。

Continue reading “SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション”

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した

「古い」のニュースだと思いますが、イベントのメモとして記録します。

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版、米アドビ システムズは12月18日(米国時間)に正式で公開しました。ダウンロードパッケージはFedora 8、Ubuntu 7.10、openSUSE 10.3に対応していて(統合デスクトップ環境はGNOMEとKDEに対応する)、AdobeはこれまでにWindows版とMac OS X版を提供しています。

Continue reading “リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した”

Adobe AIRアプリケーションのインストールパスにファイルURIを取得するサンプルソースコード

この前に、Adobe AIR 1.5でSQLiteデータベースを暗号化とするサンプルソースコードCPreferencesManager: Adobe AIRのpreferencesマネージャークラスであるなどを勉強しました。今回はAIRの勉強を続きましょうー

Adobe AIRは、デスクトップ・アプリケーションを開発するので、ローカルファイルのアクセス操作は普通ですね。

一般的に、ファイルオブジェクトのURL属性をアクセスするとファイルのURIなど情報を取れますが、AIRアプリケーションには、そのような情報を取れません。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーションのインストールパスにファイルURIを取得するサンプルソースコード”

Adobe AIR 1.5でSQLiteデータベースを暗号化とするサンプルソースコード

SQLiteはサーバとしてではなくアプリケーションに組み込まれて利用される軽量DBMSデータベースである。中小規模ならば速度も遜色はない。

また、APIは単純で単にライブラリを呼び出すだけであり、データの保存には単一のファイルしか使用しない事も特徴である。

クライアント/サーバモデルではないので、SQLiteの無料版中に一般的なデータベースのユーザの概念もないである。データを保存する単一ファイルも暗号化されてない。それはセキュリティ必要があるアプリケーションに対して不便だとなる。

Adobe AIR 1.5におかけ様でSQLiteデータベースの暗号化は簡単で実装できる。以下はサンプルソースコードである。

Continue reading “Adobe AIR 1.5でSQLiteデータベースを暗号化とするサンプルソースコード”

Adobe AIRアプリケーション中に一つSQLStatementインスタンスでマルチSQLの命令文を実行するソースコード

プロジェクトを開発中に、一般的、SQL命令文は全部一つファイルに保存して、AIRアプリケーション(AIR以外でも同じだと思う)に埋め込みます。そうすれば近いSQL文を一つファイルに見やすくて、メンテナンスことも簡単となります。

1回でマルチSQL文を実行するところもあるともいます。残念なんですが、AIRのSQLStatementクラスで1回実行すると最初のSQL命令しか実行されないです(SQLStatementというクラスはSQLの命令文を実行するのに必要なクラスです)。

1回でマルチSQL命令文を実行することは可能ですか。以下のソースはそいうことを実現とします。

やり方はとても簡単のです、ループして’;’で区切る一つのSQL命令文となります。
以下はソースコードです。
Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中に一つSQLStatementインスタンスでマルチSQLの命令文を実行するソースコード”

Adobe AIRソーシャル・ネットワーキング(Social Network Service: SNS)アプリケーションリスト

今回紹介させるのはAdobe AIRソーシャル・ネットワーキング(Social Network)アプリケーションです。まず、SNSというのは簡単で説明させていただきます。

SNSサービスは1997年から開始され100万ユーザーまでいったSixDegrees.comなどがあるが、本格的に普及したのは少し後の2002年にスタンフォード大学の卒業生が始めたFriendsterから、アメリカの大手検索エンジン提供会社Googleの一社員であったOrkut Buyukkoktenが開発したorkutなども有名で2004年1月には日本でもIT関係者の間で本格的に広まった。

日本では一番有名なソーシャル・ネットワーキングはMixiである。mixiでは「日記」、様々なコミュニティ、商品・作品などの感想・評価を書き込める、普段聴いている音楽情報を共有、モバイル専用で、様々なゲームが楽しめることができる。

Twitterなどマイクロブログイン(Microblogging)とコミュニケーションしやすいAdobe AIRアプリケーションリスト」中に紹介されてるようと同じAdobe AIRアプリケーションを纏めて下記のようなリストがある。

Continue reading “Adobe AIRソーシャル・ネットワーキング(Social Network Service: SNS)アプリケーションリスト”

Twitterなどマイクロブログイン(Microblogging)とコミュニケーションしやすいAdobe AIRアプリケーションリスト

Micro-bloggingというのは、表示レイアウトだけではなくて、本文でも短くて(通常200文字以内)の形式で、端の方にあるとか、つんぶるるみたいに文字がやたらでかいとか、選択してJSAで一発投稿みたいな感じにしないとそれっぽくないようなブログするである。代表的なサイトはTwitterがあります(基本的は、TwitterはすでにMicro-bloggingの代表となるようです)。

Twitterなどウェブサービスを利用しやすくていろいろなクライアントツールを出てました。Adobe Airによるものということで、ソフトウェアのデザインとしては秀逸ですね、もちろん、Adobe AIRによるTwitterなどのクライアントアプリケーションもありました。

下記はネット上で探して整理したAdobe AIRよるマイクロブログイン(Microblogging)のアプリケーションリストです。ぜひ楽しみに。

Continue reading “Twitterなどマイクロブログイン(Microblogging)とコミュニケーションしやすいAdobe AIRアプリケーションリスト”

Adobe AIRアプリケーション中にPDFをプレビューする

Portable Document Format (ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称PDF) は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。「作成したドキュメントを異なる環境のコンピュータで元のレイアウトどおりに表示・印刷できる 」、「ドキュメントのセキュリティを設定できる」、「圧縮してデータを格納し、ファイルサイズを小さくできる」、「しおり・リンク・コメント・注釈といった、ドキュメントを画面に表示するときに便利な機能を設定できる」、「フォーム機能を使って、利用者の入力欄を受け取るような書式設定済み文書を作成できる」、「音声化などアクセシビリティに配慮したドキュメントを作成できる」、「マルチメディアに対応している」などいろいろな特長があるので、いろいろな領域中に、PDFがよく使われてます。

しかし、ずっと理解できないのは、同じアドビの製品AIR中に、PDFファイルを表示するコンポーネントをインクルードされてません。直接PDFを表示できるコンポーネットがないのですが、mx:HTMLコンポーネットを利用するとAdobe AIRアプリケーション中にもPDFをプレビューすることができます。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中にPDFをプレビューする”

Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します

通信データ量が多いAdobe AIRアプリケーションに対して、圧縮機能を使わなくて直接データを送受信すると効率方面もよくないし、無駄なリソースも必要となりました。

ByteArray クラスは、バイトレベルでデータにアクセスする必要がある上級の ActionScript 開発者を対象としています。ByteArray クラスには、バイナリデータの読み取り、書き込み、および操作を最適化するメソッドおよびプロパティがあります。該当クラスの「compress():void」というメソッドはzlib 圧縮を使用して、バイト配列を圧縮します。

圧縮すると通信データ量も小さくとなって、スペードをアップすることができますね。以下はActionScriptとJavaの圧縮データ通信のサンプルソースコードです。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します”

Adobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールを利用して設計能力(効率)を上がりましょう

AdobeのFlexとか、Flashとかを利用して作ったアプリケーションはとてもクールだと思います。もちろん、AIRのものも。

(前回紹介されたAdobe AIRが使ったGoogle関係製品のリストAdobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)の各アプリケーションはカッコいいでしょう)

Webデザインナだったら、色を取り、サムネイルを作り、Webページの捕獲などはよくしていると思いますね。色を取るのは、Adobe PhotoShopなどもできますけど、簡単な機能でそんな大きいソフトウェアの利用はやっはり変ですね。何か簡単なツールでできませんか。答えるはもちろん「はい」です。下記はAdobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールリストです、ぜひ利用してみよう。

Continue reading “Adobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールを利用して設計能力(効率)を上がりましょう”

Adobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)

Adobe AIRってどういう物は、前回Adobe AIRが使ったGoogle関係製品のリスト中に説明しました。使いやすくて見た目もカッコいいですよね。

オンライン写真アルバムサービスFlickrは使ったことがある人は多いと思います。写真のアップロード、ダウンロード、編集など操作は面倒でしょう。写真数がいっぱいがある場合、検索も面倒でしょう。何かデスクトップアプリケーションがありましたら嬉しいですよね。じゃ、前回Google関係製品Adobe AIRアプリケーション紹介の引き続き、今回はマルチメディア関係AIRツールを紹介しましょう。

Continue reading “Adobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)”

Adobe AIRが使ったGoogle関係製品のリスト

Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)とは米アドビシステムズが開発中のアプリケーション実行環境である。2007年6月にWindowsおよびMac OS X向けのベータ版が公開された。以前はApolloという開発コード名で呼ばれていた。正式版は2007年後半にリリースする見通し。Linuxにも対応する予定で,将来的には携帯電話やPDAもサポートする計画である。Adobe AIRを使えば,Webアクセスに代表されるインターネットの使い方と密に連携しながらも,Webブラウザの枠にとらわれないアプリケーションを開発できるようになる。Adobe AIR向けのアプリケーションは,複数のプラットフォームで同じように動く。開発者は,動作するWebブラウザによって表示が異なるといった問題に頭を悩ます必要はない。

上記のいろいろな特徴があるので、Googleの関係製品もAdobe AIRを使って開発しました。

Continue reading “Adobe AIRが使ったGoogle関係製品のリスト”