FOAM-AS3: ActionScript 3で開発されたオープンソースの2D物理エンジン

以前発表した「glaze: ActionScript用2D物理演算エンジン」中に既によく使われているオープンソースの2D物理エンジンを紹介しました。今回は引き続いてFOAMというActionScript 3で開発されたオープンソースの2D物理エンジンの紹介です。

APEやFisixなどはパーティクル系といえばFOAMは剛体系かと思います。

FOAM-AS3はMITラインセンスを基づいて公開されていたので、個人的な用途でも商用でも使えるものです。

開発者のブログにデモが2種類公開されています。

FOAM-AS3-2D-Rigid-Body-Physics-Engine

Continue reading “FOAM-AS3: ActionScript 3で開発されたオープンソースの2D物理エンジン”

glaze: ActionScript用2D物理演算エンジン

その前は以下の様の

APE(ActionScript Physics Engine): FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジン

Layout Managers: オープンソースのFlashレイアウトマネジャー

WOW-Engine: オープンソースのActionScript3用3D物理エンジンライブラリ

Box2DFlashAS3: 物理演算シミュレーションを可能にするActionScriptライブラリ

でいくつオープンソースの物理演算用エンジンライブラリを紹介しました。物体の動き、落ちる、爆発する、変形するなどシミュレーションすることは簡単となります。

今回の「glaze」とは、もう一つのActionScript用2D物理演算エンジンです。

glaze-2D-Rigid-Body-Dynamics-Game-Engine-for-Actionsctipt-3

Continue reading “glaze: ActionScript用2D物理演算エンジン”

WOW-Engine: オープンソースのActionScript3用3D物理エンジンライブラリ

WOW-Engineとは、3D空間上で物理演算するフレームワークである。座標計算とか、衝突計算とか、そういうことだけをWOWEngineはやってくれる。

3Dオブジェクトの描画はしてくれないので、3D空間に壁をつくるとか、球体を表示するとか、「表示をする」ならば、Papervision3Dとか、Sandyとかと組み合わせて作成必要だ。あくまでオブジェクトの位置関係を計算するだけだ。

WOWEngineを使う手順は以下の通り

  • WOWEngineを入手する
  • WOWEngineを初期化する
  • 物体を追加する
  • 物体を動かす
  • WOWEngineで計算する
  • 表示に反映する。

ad92c135a786cbe48fa2267d48527fbf

Continue reading “WOW-Engine: オープンソースのActionScript3用3D物理エンジンライブラリ”

APE(ActionScript Physics Engine): FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジン

「APE」とは、ActionScript Physics Engineの略、FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジンです(ActionScript Libraryリスト中の物理エンジンリストの一つね)。MITライセンスですから、商用でも可能です。APEを使うと重力や摩擦抵抗を加味した物体の動きが再現できます。デモを試してみると物体同士の関連性も考慮されているような感じです。

APEを使うとゲームやCG内で、描画する物体の動き(落ちる、爆発する、変形する等)を高度にシミュレーションすることは簡単となると思います。

公式サイトに、CarDemoは車風の車輪がついた物体を動かすデモがあります。A/Dキーで左右に動かせます。その状態で他の物体とぶつかったり、ジャンプしたりといった事が可能ですよ。

Continue reading “APE(ActionScript Physics Engine): FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジン”