mx.loggingを使ってFlexアプリケーションをデバッグする

プロジェクトの開発中に、特に大きいなプロジェクトで、バッグの発生するのは避けないことです。モジュールが多くて、ソース量もすっごく多いので、何のモジュールの何の関数に不具合を発生する確定は難しいです。

一般的な対策として、運用中ログ(Fatal,error,warm,info,debug)を出力とします。何か問題を発生して出力されたログファイルを探すとエラーを発生の原因、場所を分かれますね。

Flexに対して、Flex SDK中に既にmx.logging.*パッケージを含めています。これを利用すると各レベルログの出力は簡単となれます。

詳しいサンプルソースは以下のようです(該当サンプルはファイルへ出力するまでではなくて、ログ情報を取得するまでだけです)。

Continue reading “mx.loggingを使ってFlexアプリケーションをデバッグする”