AS3のTween系ライブラリ「TweenLite」の紹介の纏め

TweenLiteというライブラリは、AS3のTween系の高速・軽量ライブラリです。基本は1ファイルしかありません。現時点まで最新版は11.62です。インターネット中ちょっと探してみましたが、日本語資料はあまりないようです。ここは見つかったTweenLiteについて日本語関連資料を纏めてみます。何か漏れれたらご遠慮なくコメントください。

Continue reading “AS3のTween系ライブラリ「TweenLite」の紹介の纏め”

FZip: ZIP読込み、作成用AS3のライブラリ

Flash技術はウェブ上に良く使われているのです。データ量が大きい場合、圧縮しなくてそのまま送受信するとネットの効果に影響があります。その前、Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)しますにアドビAIRアプリケーション中に使える圧縮機能を紹介しました。今回紹介するのはZIPファイルを読み込み、作成用AS3のオープンソースライブラリです。

Continue reading “FZip: ZIP読込み、作成用AS3のライブラリ”

7+ AS3で非同期処理のオープンソースのライブラリ一覧

以前発表した「ActionScript Libraryリスト」には、「Thread – 疑似スレッド」、「ASDeferred – JSDeffered の AS3 版」、「Chain – 非同期処理をカンタンに」と「Command – fladdict 製 Command ライブラリ」の四つを紹介しましたね。

今回では、まず「非同期処理」ってなんということを簡単で記述します。簡単でといえば、

・「同期処理」とは一つの処理が終わるまで次の処理が行われない処理のことです。
・「非同期処理」とは前の処理とは関係なく次の処理が行われることです。

Continue reading “7+ AS3で非同期処理のオープンソースのライブラリ一覧”

as3soundeditorlib: オープンソースのActionScript 3サウンド編集ライブラリ

as3soundeditorlibとは、MITライセンスを基づいて発表され、オープンソースのActionscript 3のサウンド編集ライブラリです。

MP3ファイルのスペクトラムやキューポインタを表示できて、キューポイントの間にナビとプレーバックもできるようです。

Application displays a spectrum of the mp3 file, displays cue points from a file, and allows navigation and playback of mp3 and navigation between cue points. MIT-license.

Continue reading “as3soundeditorlib: オープンソースのActionScript 3サウンド編集ライブラリ”

Box2DFlashAS3: 物理演算シミュレーションを可能にするActionScriptライブラリ

Box2Dという物理エンジンを使ったActionScript3プログラミングをすれば、難解な数学や物理法則を理解する必要なくて実装できませね。Box2DをFlashで利用できるようにするため、「Box2DFlashAS3」というオープンソースのActionScript 3のライブラリが開発されました。

実際にどれだけ威力があるかというのはデモを見ればわかるほどの出来栄えで、ピタゴラスイッチ風なものとか、ドミノ倒しとか、いろいろなことができます。

  1. 世界の作成
  2. 床の作成
  3. 積み木の作成
  4. シミュレーションの開始
  5. 描画

の様の流れで、Box2DFlashAS3 の単純なサンプルと使い方を解説するチュートリアルを参考できます。

box2dflashas300_m

Continue reading “Box2DFlashAS3: 物理演算シミュレーションを可能にするActionScriptライブラリ”

FLARToolKit: AR(拡張現実)ってのをFlashで簡単に作ることができるライブラリ

FLARToolKitとはどういったものなのでしょうか、何ができるのでしょうか?って、説明するため、まずは「AR」について説明しておいた方がよさそうだ。ARとは、Augmented Realityの略で、日本語でいうと「拡張現実」という意味になる。簡単に言うと、実写の上にリアルタイムでいろいろな情報をのせる技術である。攻殻機動隊とか、電脳コイルのメガネとかをイメージすると分かりやすくとなる。

最初のARのフレームワークなら、もともと、C言語で書かれた「ARToolKit」というARを実現するためのフレームワークではあった。2008年、「NyARToolkit」というJava版のARToolKitを登場した。FLARToolKitとは、Flash上で簡単にARを実現するオープンソースのライブラリである。

gihyo.jpには、以下の様の4回でFLARToolKitってなんというものからマーカーをゲームのコントローラーに使うまで詳しくて説明された。

FLARToolKit-open-source-Augmented-Reality-in-Flash

Continue reading “FLARToolKit: AR(拡張現実)ってのをFlashで簡単に作ることができるライブラリ”

WOW-Engine: オープンソースのActionScript3用3D物理エンジンライブラリ

WOW-Engineとは、3D空間上で物理演算するフレームワークである。座標計算とか、衝突計算とか、そういうことだけをWOWEngineはやってくれる。

3Dオブジェクトの描画はしてくれないので、3D空間に壁をつくるとか、球体を表示するとか、「表示をする」ならば、Papervision3Dとか、Sandyとかと組み合わせて作成必要だ。あくまでオブジェクトの位置関係を計算するだけだ。

WOWEngineを使う手順は以下の通り

  • WOWEngineを入手する
  • WOWEngineを初期化する
  • 物体を追加する
  • 物体を動かす
  • WOWEngineで計算する
  • 表示に反映する。

ad92c135a786cbe48fa2267d48527fbf

Continue reading “WOW-Engine: オープンソースのActionScript3用3D物理エンジンライブラリ”

Cast3D: Flashのアニメーションフレームワークライブラリ

Cast3Dとは、アドビFlashのオープンソースのアニメーションフレームワークライブラリです。幾何学とテクスチャーマッピング、スキンアニメーション、3Dサウンド、アニメーションムービーとビデオがサポートされています。

Blenderアニメーションで、以前紹介したPapervision3DAway3Dなどと併用出来ます。合わせて活用できればいろいろ超カッゴイものを作れるね。Cast3DってLGPLなんだなあ。商用も可能のようです。

cast3d-3d-animation-framework-library-for-adobe-flash-in-actionscript3

Continue reading “Cast3D: Flashのアニメーションフレームワークライブラリ”

FluorineFx: Flexと.NET間でAMF通信できるライブラリ

FluorineFxとは、Flexと.NET間でAMF通信できるオープンソースのライブラリです。FluorineFxを使うとサーバ側も、クライアント側も.NETでアプリを組めるようです。LGPLのライセンスです。

※AMFのメリットは.NETのメソッドを直接呼び出せます。この前に紹介した「PHPObject: PHPとFlashのActionScript連携パッケージ」や「SabreAMF: FlexをPHP5と連携させるフレームワーク」などはPHPからAMFのメソッドを呼び出すライブラリです。

RIAテクノロジは主流のアプリケーション開発ソリューションになりつつあり、RIAを定評あるテクノロジプラットフォームに統合する必要性が増してきているので、FluorineFxのプロジェクトマネジャー(Zoltan)は以下の様で発表した。

FluorineFxはFlex/Flash Remoting、リモート共有オブジェクトサポート、Flex Data Serviceと.NETフレームワーク用のリアルタイムメッセージの実装を提供します。最後の二つは現在部分的な実装です。( Flex<->Adobe LiveCycle Enterprise Suiteアプリケーションで見受けられる全ての機能がサポートされているわけではないという意味)またそれはAdobeのBlazeDSとの互換性をサポートします。

DotNetFramework

Continue reading “FluorineFx: Flexと.NET間でAMF通信できるライブラリ”

Open Flash Chart: Flash製のグラフ生成ライブラリ(チュートリアルリストを含む)

OFC(Open Flash Chart)とは、Adobe Flashで書かれているコア・エンジンで、Web用に高品質の円グラフ、棒グラフ、3Dグラフ、折れ線グラフなどグラフを簡単に作れるオープンソース・ソフトウェアです。

Open Flash Chartはjava,perl,PHP,ruby,.NETなど様々な言語から利用できるようラッパーライブラリ達が用意されています。GNU GPLで提供されており、無料利用が可能です。

Continue reading “Open Flash Chart: Flash製のグラフ生成ライブラリ(チュートリアルリストを含む)”

PNGPong: フィルタもしくは複雑なJavaScriptとCSSを使用せず透明PNG表示する問題を解決するオープンソースのライブラリ

ウェブ系の開発者なら透明PNGフォーマット画像ファイルがIE5.5もしくはIE6.Xなどでは正常で表示出来ないことは知ってるはずと思います(IE6ならPNGの透明部分は#DBEAEDの用法色が表示されてしまう)。 

今回紹介する「PNGPong」とは、フィルタもしくは複雑なJavaScriptとCSSを使用せずIEやFireFoxとSafariなどブラウザに透明PNG表示する問題を解決するオープンソースのライブラリです。

Continue reading “PNGPong: フィルタもしくは複雑なJavaScriptとCSSを使用せず透明PNG表示する問題を解決するオープンソースのライブラリ”

SWFAddress: SWFObject と共にFlashの各コンテンツの遷移に対してパーマリンク提供する便利なライブラリ

SWFAddressとは、SWFObject と共に、Flash の各コンテンツの遷移に対してパーマリンク提供する便利なオープンソースのライブラリです。※SWFObjectについては、SWFObject: Flash/FlexをWeb ページに貼りつけるのに便利なJavaScriptライブラリを参考できます。

パーマリンクはFlashの問題の一つ、Flash内部のコンテンツにブックマークが出来ないということです(Flex3からHistoryManager/BrowserManagerというクラスを使えば機能を実現することができる)。SWFAddressを使用すれば、Javascriptを使ってページを更新することなくURLを変更することで SWF内にユニークなURLを設定できるというとても簡単でその問題を解決できます。

Continue reading “SWFAddress: SWFObject と共にFlashの各コンテンツの遷移に対してパーマリンク提供する便利なライブラリ”

Mojocolors: 色相、彩度、明るさなどを操作するActionScriptライブラリ

「Mojocolors」とは、ActionScriptで色相、彩度、明るさ(HSB: Hue, Saturation, Brightness)などを簡単、自然な方法で操作するオープンソースのActionScriptライブラリです。

「Mojocolors」を使うと、ch.badmojo.color.Colorで一つの色もしくはch.badmojo.color.ColorWheelの様のセットの色の動作ができます。

カラー理論/調和のルールはライブラリの中にラップされているので、開発者たちはその方面を気にならず、アプリケーションのロジックのみでOKです。

Continue reading “Mojocolors: 色相、彩度、明るさなどを操作するActionScriptライブラリ”

Tweener: 画像を簡単に演出をつけるActionScriptのアニメーション用オープンソースのライブラリ

Tweenerとは、ActionScript 2.0でもActionSctipt 3.0でも使え、Flashでサイトを作る際に良く使っている一枚の画像をすっごく簡単に演出をつけるActionScriptのアニメーション用オープンソースのライブラリです。

前回紹介した「fosFORO: Flash中にテキスト文字を絵文字に変換するオープンソースのライブラリ」よりもっと便利なライブラリみたいです。

現状、FlexBuilderやFlex SDK、Flash Develop(※参考: FlashDevelop: .NETで開発されていてオープンソースのFlash/ActionScript 用のWindows向けIDE開発環境)はASのコードを書くのには非常に便利なツールなのですが、Flash特有のタイムラインが無いので、アニメーション部分を補完してくれる、Tweenerのライブラリはよく利用している方が多いです。

Continue reading “Tweener: 画像を簡単に演出をつけるActionScriptのアニメーション用オープンソースのライブラリ”

FUSE: File system in User spaceのことで、擬似的なファイルシステムを容易に構築するためのオープンソースのライブラリ

FUSEとはFile system in User spaceのことで、擬似的なファイルシステムを容易に構築するためのライブラリです。Windowsはデフォルトでふくめてないですが、LinuxやMac OSXでは既に存在していて、非常に便利なソフトウェアです。

FUSE(Filesystem in Userspace)を使用すると、ファイルシステムの内部を理解したりカーネル・モジュール・プログラミングを学習しなくても、ユーザー空間ファイルシステム・フレームワークを開発することができます。このシンプルなステップ・バイ・ステップのガイドに従い、FUSEとAFSのインストール、カスタマイズ、および有効化を行うことによって、完全に機能するユーザー独自のファイルシステムをLinux ® のユーザー空間に作成することができます。

Continue reading “FUSE: File system in User spaceのことで、擬似的なファイルシステムを容易に構築するためのオープンソースのライブラリ”