jQueryのcsv2tableというプラグインを使ってCSVデータをテーブルに表示する

その前「jQueryを使ってXMLを解析操作する(サンプルソースコード含める)」でjQueryでXMLを解析する操作を説明しました。次はjQueryのcsv2tableというプラグインを使ってCSVデータをテーブルに表示しようことの説明です。Ajaxを使うと、JSONやXMLなどのテキストファイルを手軽に読み込んでテーブル要素などへ出力できるので便利ですが、昔ながらのアプリ共通テキストフォーマットとしてはやっはりCSVが活躍しています。

jquery.csv2table.jsはExcelなどで生成できるCSVファイルを読み込みtableとして表示する為のjQueryプラグインです。このプラグインを利用して生成されたテーブルは項目ごとのソートなどにも対応しています。列ごとのソートもできて、jQchartなどを組み合わせれば、 CSVを読み込むだけで、自動的にグラフまで作ることも可能です。

Continue reading “jQueryのcsv2tableというプラグインを使ってCSVデータをテーブルに表示する”

Colorer take5: Eclipse IDE環境のオープンソースのテキスト文法解析・ハイライトプラグイン(ActionScriptもサポートされる)

エディタが色分けされてちょっとだけ見やすい感じですね。Colorer take5は、Eclipse IDEだけでなくいろいろプラットフォームで利用できます、汎用色づけライブラリ群です。HTML/XHTML、XML、Java、C/C++、PHP、JSP、Perl、ASP、ActionScriptなどいろいろ開発言語のハイライトがサポートされています。「Colorer take5」を基づいてテキストに解析を行ったり、ハイライト(着色)をしたりすることができます。Mozilla Public License 1.1に準じます。また、GNU GPL 2.0 / LGPL 2.1を選択することも可能です。

※Eclipse IDEについてはEclipse: オープンソースの統合開発環境(IDE)であるを参考してください。

Continue reading “Colorer take5: Eclipse IDE環境のオープンソースのテキスト文法解析・ハイライトプラグイン(ActionScriptもサポートされる)”

ASDT – ActionScript Development Tool: EclipseでActionScriptを開発するためのプラグイン

前回紹介した「FlashDevelop: .NETで開発されていてオープンソースのFlash/ActionScript 用のWindows向けIDE開発環境」のFlashDevelopは、.NETで開発されたので、Windowsのみ動かせます。MACやLinuxは使えません。マルチプラットフォームに対応した開発環境といえばやっはり「Eclipse」ですよね。今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはASDT(ActionScript Development Toolの略)、EclipseでActionScriptを開発するためのプラグインです。

Continue reading “ASDT – ActionScript Development Tool: EclipseでActionScriptを開発するためのプラグイン”