FlexアプリケーションにYouTubeビデオを埋め込むサンプルソースコード

YouTubeは2005年設立してからすっごく人気になるよね。WordPressとかほかのBSP提供されているブログシステムとか、YouTubeビデオの埋め込む機能があります。実はFlex/Flashアプリケーションにも簡単で実現できます。サンプルソースは簡単なビデオのプレイだけですが、それを基づいてYouTubeのビデオを探してプレイするツールも作れます。

※知識点:YouTubeとは、2005年2月に設立された米ネットベンチャーYouTube社が運営する、動画コンテンツ共有サイト。会員登録をすることによって誰でも容量100MB、再生時間10分以内の動画ファイルをアップロードし公開することができる。YouTubeで公開された動画ファイルは会員登録をしていないユーザでも無料で閲覧することができる。閲覧したい動画のキーワード検索も行うことができ、会員登録したユーザはさらに閲覧した動画に対するコメントを投稿したり、動画を5段階で評価したりといったこともできる。

Continue reading “FlexアプリケーションにYouTubeビデオを埋め込むサンプルソースコード”

Flexアプリケーションにマルチ言語対応(サンプルソースコード添付)

この前紹介した「Flexアプリケーションにバージョンコントロールを実装するライブラリとサンプルソース」のバージョンコントロールと同じ、アプリケーションのマルチ言語対応も重要の一つとなりました。

大きいなソフトWindows OSでも世界中メインな言語バージョンを対応していました。Adobe PhotoShopとか、Flex Builderとか、Flashなども英語版、日本語版、中国版などいろいろ言語を対応していました。ほかの言語バージョンの対応、もちろんゼロから再開発必要ではなくて、言語と関係する部分のリソースだけを多言語となると実現できます。

リソースの多言語化の実現もいろいろやり方があります。言語リソースをデータベースに保存するとか、ファイルに保存するとか、WindowsだったらDLL化となるとか…

以下はサンプルソースでステプbyステプでFlexアプリケーションにマルチ言語対応を説明いたします。

Continue reading “Flexアプリケーションにマルチ言語対応(サンプルソースコード添付)”

Flexアプリケーションにバージョンコントロールを実装するライブラリとサンプルソース

一般的なソフトウェア、デスクトップアプリケーションでもWeb系アプリケーションでも、マイクロソフトのWindowsも同じでバージョンの自動更新機能があります。

ユーザさんたちはわざわざソフトウェアのホームページにアクセス必要がなくて、ソフトウェアを起動するとき、

自動的で新しいバージョンがあるかどうかチェックして、あれば更新するかどうか確認メッセージを出るのはカッコいいですね。

そのような機能、Flex中にはどう実装するはずですか。以下は実装の詳細です。

Continue reading “Flexアプリケーションにバージョンコントロールを実装するライブラリとサンプルソース”

JavaFXの「Hello World」サンプル

JavaのGUIはSwingなどを利用して作成されてきました。このSwingによるGUI作成にはいろいろと問題がありました。まず、「非常に面倒である」という点。Swingは、正直、ちょっとしたものを作るには複雑すぎるのです。JavaFXは、非常にシンプルなスクリプト言語の形をしています。

Swingと同等レベルのGUIを構築できながら、しかも扱いは非常に単純です。また、JavaFXによるGUIの作成は、手続き方式ではなく「宣言」式に行うことができます。GUIを構造的に記述し作成できるのです。これは、非常に分かりやすいです。

では、JavaFXを使って簡単な「Hello World」サンプルを作ってみましょう。

Continue reading “JavaFXの「Hello World」サンプル”