Cast3D: Flashのアニメーションフレームワークライブラリ

Cast3Dとは、アドビFlashのオープンソースのアニメーションフレームワークライブラリです。幾何学とテクスチャーマッピング、スキンアニメーション、3Dサウンド、アニメーションムービーとビデオがサポートされています。

Blenderアニメーションで、以前紹介したPapervision3DAway3Dなどと併用出来ます。合わせて活用できればいろいろ超カッゴイものを作れるね。Cast3DってLGPLなんだなあ。商用も可能のようです。

cast3d-3d-animation-framework-library-for-adobe-flash-in-actionscript3

Continue reading “Cast3D: Flashのアニメーションフレームワークライブラリ”

Tweener: 画像を簡単に演出をつけるActionScriptのアニメーション用オープンソースのライブラリ

Tweenerとは、ActionScript 2.0でもActionSctipt 3.0でも使え、Flashでサイトを作る際に良く使っている一枚の画像をすっごく簡単に演出をつけるActionScriptのアニメーション用オープンソースのライブラリです。

前回紹介した「fosFORO: Flash中にテキスト文字を絵文字に変換するオープンソースのライブラリ」よりもっと便利なライブラリみたいです。

現状、FlexBuilderやFlex SDK、Flash Develop(※参考: FlashDevelop: .NETで開発されていてオープンソースのFlash/ActionScript 用のWindows向けIDE開発環境)はASのコードを書くのには非常に便利なツールなのですが、Flash特有のタイムラインが無いので、アニメーション部分を補完してくれる、Tweenerのライブラリはよく利用している方が多いです。

Continue reading “Tweener: 画像を簡単に演出をつけるActionScriptのアニメーション用オープンソースのライブラリ”