ウェブブラウザから利用可能なマイクロソフトのOffice Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した

コンピュータ技術を発展したがって以前ウェブ上でいろいろな実現できない機能もできました。ウェブOSでも、ウェブOfficeでも全部快速で発展していました。マイクロソフトは10月28日、開発者向けイベント「Professional Developers Conference 2008」で、ウェブブラウザから利用可能なMicrosoft Office Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した。PDC(Professional Developer Conference 2008) は、すべての Microsoft 製プラットフォームおよび製品に関する開発者向け会議で、今回2年ぶりに開催された。

Continue reading “ウェブブラウザから利用可能なマイクロソフトのOffice Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した”

Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します

通信データ量が多いAdobe AIRアプリケーションに対して、圧縮機能を使わなくて直接データを送受信すると効率方面もよくないし、無駄なリソースも必要となりました。

ByteArray クラスは、バイトレベルでデータにアクセスする必要がある上級の ActionScript 開発者を対象としています。ByteArray クラスには、バイナリデータの読み取り、書き込み、および操作を最適化するメソッドおよびプロパティがあります。該当クラスの「compress():void」というメソッドはzlib 圧縮を使用して、バイト配列を圧縮します。

圧縮すると通信データ量も小さくとなって、スペードをアップすることができますね。以下はActionScriptとJavaの圧縮データ通信のサンプルソースコードです。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します”

Flex中にFelxPrintJobを利用せずExternalInterfaceでJavaScriptを呼んで直接印刷とする

Flex中に、PrintJobをラップする『FlexPrintJob』というクラスを利用すれば印刷することをできますが、このクラスを使わなくて、ブラウザ自身の印刷機能を利用して印刷するのは可能ですか。

それからの内容はExternalInterfaceでJavaScriptを呼んで直接ブラウザの印刷機能を利用してプリンタする処理を説明します。

ActionScript とコンテナアプリケーションとの間の通信を容易にするため、ExternalInterface クラスには 2 つの静的プロパティと 2 つの静的メソッドが用意されています。これらのプロパティとメソッドは、外部インターフェイス接続に関する情報(JavaScript 関数など)を取得し、コンテナ内のコードを ActionScript から実行し、コンテナから ActionScript 関数を呼び出せるようにするために使用されます。JavaScriptでブラウザの印刷機能を呼ぶのは簡単となれますね。

※ExternalInterface.call() メソッドでは、コンテナアプリケーション内のコードが実行されます。パラメータは最低 1 つ必要で、コンテナアプリケーション内で呼び出される関数の名前を含んだストリングを指定します。ExternalInterface.call() メソッドに渡された追加パラメータは、関数呼び出しのパラメータとしてコンテナに渡されます。
Continue reading “Flex中にFelxPrintJobを利用せずExternalInterfaceでJavaScriptを呼んで直接印刷とする”

Adobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールを利用して設計能力(効率)を上がりましょう

AdobeのFlexとか、Flashとかを利用して作ったアプリケーションはとてもクールだと思います。もちろん、AIRのものも。

(前回紹介されたAdobe AIRが使ったGoogle関係製品のリストAdobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)の各アプリケーションはカッコいいでしょう)

Webデザインナだったら、色を取り、サムネイルを作り、Webページの捕獲などはよくしていると思いますね。色を取るのは、Adobe PhotoShopなどもできますけど、簡単な機能でそんな大きいソフトウェアの利用はやっはり変ですね。何か簡単なツールでできませんか。答えるはもちろん「はい」です。下記はAdobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールリストです、ぜひ利用してみよう。

Continue reading “Adobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールを利用して設計能力(効率)を上がりましょう”

Adobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)

Adobe AIRってどういう物は、前回Adobe AIRが使ったGoogle関係製品のリスト中に説明しました。使いやすくて見た目もカッコいいですよね。

オンライン写真アルバムサービスFlickrは使ったことがある人は多いと思います。写真のアップロード、ダウンロード、編集など操作は面倒でしょう。写真数がいっぱいがある場合、検索も面倒でしょう。何かデスクトップアプリケーションがありましたら嬉しいですよね。じゃ、前回Google関係製品Adobe AIRアプリケーション紹介の引き続き、今回はマルチメディア関係AIRツールを紹介しましょう。

Continue reading “Adobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)”

Adobe AIRが使ったGoogle関係製品のリスト

Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)とは米アドビシステムズが開発中のアプリケーション実行環境である。2007年6月にWindowsおよびMac OS X向けのベータ版が公開された。以前はApolloという開発コード名で呼ばれていた。正式版は2007年後半にリリースする見通し。Linuxにも対応する予定で,将来的には携帯電話やPDAもサポートする計画である。Adobe AIRを使えば,Webアクセスに代表されるインターネットの使い方と密に連携しながらも,Webブラウザの枠にとらわれないアプリケーションを開発できるようになる。Adobe AIR向けのアプリケーションは,複数のプラットフォームで同じように動く。開発者は,動作するWebブラウザによって表示が異なるといった問題に頭を悩ます必要はない。

上記のいろいろな特徴があるので、Googleの関係製品もAdobe AIRを使って開発しました。

Continue reading “Adobe AIRが使ったGoogle関係製品のリスト”

JavaのGarbage Collectionとfinalizeの纏め

C/C++で開発したライブラリをJNIでJavaのラップを作ってみます。一番難しいところはメモリの回収だと思います。いろいろなメモリリックの問題を出ますので、一つ一つで解決して、最後まだリックされてることろがありました!ちょっと時間をかかって調べましたが、原因はGarbage Collectionとfinalizeの問題です。自分の調べた結果を簡単で纏めます。
Continue reading “JavaのGarbage Collectionとfinalizeの纏め”

ActionScript Libraryリスト

ActionScriptというのは何のものですか。ふーんー

ActionScriptとは、Macromedia Flashが以前から導入しているプログラミング言語であり、Flash8でも同様に使用されています。一般的に、Flash8を使って、作ろうと考える Flashムービー内のほぼ全てのことを、ActionScriptによって実行できると考えてよいでしょう。

ここでは、2つのテーマを取り上げて、FlashでActionScriptを使用していくための入門編としようと思います。本格的なプログラミングを理解していくには、より詳細多岐なチュートリアルを勉強する必要がありますが、これに関してはFlash8のヘルプを読むことからお勧めします。

今まで何年間の発展してきて、いろいろなオーポンソースのライブラリが公開されました。ちょっと時間を掛かって下記のようなリストを纏めました。 Continue reading “ActionScript Libraryリスト”

任意のファイルをAIRアプリのアイコン上にドラッグ&ドロップして起動した時に、そのドロップされたファイル情報を取得する方法

AIRアプリの起動情報に関しては flash.system.Shell クラスが把握していますが、プロパティとして直接参照はできません。
その代わりに flash.events.InvokeEvent から参照することができます。

どのタイミングでもいいようですが、起動時に必要になることが多いため applicationComplete に設定したメソッド内に以下のように記述しておくことにします。

任意のファイルをAIRアプリのアイコン上にドラッグ&ドロップして起動した時に、そのドロップされたファイル情報を取得する方法について調べてみました。

Continue reading “任意のファイルをAIRアプリのアイコン上にドラッグ&ドロップして起動した時に、そのドロップされたファイル情報を取得する方法”