as3httpclient: オープンソースのHTTP/HTTPS AS3クライアント

Bloglinesの様のAPIを利用するとき、HTTP/GETを基づいてHTTPの認証機能が必要となりますが、Adobe Flash Player 9のURLLoaderクラスはそれがサポートされていません。

as3httpclientとは、該当問題を解決するためActionScript 3のオープンソースのHTTP/HTTPSライブラリクラスです。

Continue reading “as3httpclient: オープンソースのHTTP/HTTPS AS3クライアント”

7+ AS3で非同期処理のオープンソースのライブラリ一覧

以前発表した「ActionScript Libraryリスト」には、「Thread – 疑似スレッド」、「ASDeferred – JSDeffered の AS3 版」、「Chain – 非同期処理をカンタンに」と「Command – fladdict 製 Command ライブラリ」の四つを紹介しましたね。

今回では、まず「非同期処理」ってなんということを簡単で記述します。簡単でといえば、

・「同期処理」とは一つの処理が終わるまで次の処理が行われない処理のことです。
・「非同期処理」とは前の処理とは関係なく次の処理が行われることです。

Continue reading “7+ AS3で非同期処理のオープンソースのライブラリ一覧”

as3soundeditorlib: オープンソースのActionScript 3サウンド編集ライブラリ

as3soundeditorlibとは、MITライセンスを基づいて発表され、オープンソースのActionscript 3のサウンド編集ライブラリです。

MP3ファイルのスペクトラムやキューポインタを表示できて、キューポイントの間にナビとプレーバックもできるようです。

Application displays a spectrum of the mp3 file, displays cue points from a file, and allows navigation and playback of mp3 and navigation between cue points. MIT-license.

Continue reading “as3soundeditorlib: オープンソースのActionScript 3サウンド編集ライブラリ”

Sazameki: Flashを使ったオーディオ操作のためのオンラインプラットホーム

Sazamekiとは、Adobe Flashを使ったオーディオ操作のためのオンラインオープンソースのプラットホームであり、同時にActionScript3ライブラリの名前でもあります。

「sazameki」を活用することで、Flash内でオンライン上で音を生成したり、また、その音をFlashで活用したり加工したりといったことできます。

Sazamekiの使用方法は以下のようです。使いしやすいと思いますね。

Continue reading “Sazameki: Flashを使ったオーディオ操作のためのオンラインプラットホーム”

AS3Unit: ActionScript 3.0上JUnit4の移植、単体テストを行うためのフレームワーク

AS3Unitとは、JUnit4の移植、ActionScript 3.0上で単体テストを行うためのオープンソースのフレームワークです。

Javaの開発者なら良く知ってるはずだと思いますが、JUnit4Javaで開発されたプログラムにおいてユニットテスト(単体テスト)の自動化を行うためのフレームワークです。次はWikiPedia上に挙げられているJUnitが推奨される理由:

一度作成すればすばやくテスト可能である。

その後はテストコードを標本とすることでバグ訂正が容易となる。

テストコードを見れば仕様が一目瞭然となる。

誰でも同じテストを行えるようになる。

独自のテストコードによるテスト作成の手間を省ける。

とても便利ですね。同じで、AS3Unitを用いる事で、効率よくテスト駆動開発を行うことが出来るようになります。

AS3Unit-Actionscript-3-Junit-for-Flash

Continue reading “AS3Unit: ActionScript 3.0上JUnit4の移植、単体テストを行うためのフレームワーク”

FOAM-AS3: ActionScript 3で開発されたオープンソースの2D物理エンジン

以前発表した「glaze: ActionScript用2D物理演算エンジン」中に既によく使われているオープンソースの2D物理エンジンを紹介しました。今回は引き続いてFOAMというActionScript 3で開発されたオープンソースの2D物理エンジンの紹介です。

APEやFisixなどはパーティクル系といえばFOAMは剛体系かと思います。

FOAM-AS3はMITラインセンスを基づいて公開されていたので、個人的な用途でも商用でも使えるものです。

開発者のブログにデモが2種類公開されています。

FOAM-AS3-2D-Rigid-Body-Physics-Engine

Continue reading “FOAM-AS3: ActionScript 3で開発されたオープンソースの2D物理エンジン”

AS3 で外部音声をロードする

多くのFlashプロジェクトに音声がオフラインとオンラインで重要な一部になる。実際に、多くのケースでは、統合音はプロジェクトの最終的な結果を増幅することができる。しかし、他の多く場合、そうではない。AS2で外部音声をFlashプロジェクトにロードするのはかなり簡単な作業である。私はAS2の構文と比較してAS3を使用して、外部音声をロードするつもりである。本文を読んでから、AS3への移行に助ければ、幸いである。何かご意見があれば、コメントください。

Loading External Sounds Using AS3

Continue reading “AS3 で外部音声をロードする”

glaze: ActionScript用2D物理演算エンジン

その前は以下の様の

APE(ActionScript Physics Engine): FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジン

Layout Managers: オープンソースのFlashレイアウトマネジャー

WOW-Engine: オープンソースのActionScript3用3D物理エンジンライブラリ

Box2DFlashAS3: 物理演算シミュレーションを可能にするActionScriptライブラリ

でいくつオープンソースの物理演算用エンジンライブラリを紹介しました。物体の動き、落ちる、爆発する、変形するなどシミュレーションすることは簡単となります。

今回の「glaze」とは、もう一つのActionScript用2D物理演算エンジンです。

glaze-2D-Rigid-Body-Dynamics-Game-Engine-for-Actionsctipt-3

Continue reading “glaze: ActionScript用2D物理演算エンジン”

PotrAs: 2色のラスタ画像(BitmapData)からベクタ変換するActionScript 3ライブラリ

PotrAsとは、日本人で開発され、2色のラスタ画像(BitmapData?)からベクタ変換するPortraceをActionScript 3に移植したオープンソースライブラリです。GPLライセンスで発表されていました。

PotrAsを利用してBitmapDataから、ベクターによるシェイプを生成することができます。

プレゼン資料はリアルタイムで変換しながら表示しているので、CPU 消費量が少し高めです。あと、Mac でどう表示されるかが分からないのがちょっと不安です(アンチエイリアスがらみ)。

という問題もありそうです。

PotrAs-convert-bitmap-data-vector-in-actionscript3

Continue reading “PotrAs: 2色のラスタ画像(BitmapData)からベクタ変換するActionScript 3ライブラリ”

Box2DFlashAS3: 物理演算シミュレーションを可能にするActionScriptライブラリ

Box2Dという物理エンジンを使ったActionScript3プログラミングをすれば、難解な数学や物理法則を理解する必要なくて実装できませね。Box2DをFlashで利用できるようにするため、「Box2DFlashAS3」というオープンソースのActionScript 3のライブラリが開発されました。

実際にどれだけ威力があるかというのはデモを見ればわかるほどの出来栄えで、ピタゴラスイッチ風なものとか、ドミノ倒しとか、いろいろなことができます。

  1. 世界の作成
  2. 床の作成
  3. 積み木の作成
  4. シミュレーションの開始
  5. 描画

の様の流れで、Box2DFlashAS3 の単純なサンプルと使い方を解説するチュートリアルを参考できます。

box2dflashas300_m

Continue reading “Box2DFlashAS3: 物理演算シミュレーションを可能にするActionScriptライブラリ”

FLARToolKit: AR(拡張現実)ってのをFlashで簡単に作ることができるライブラリ

FLARToolKitとはどういったものなのでしょうか、何ができるのでしょうか?って、説明するため、まずは「AR」について説明しておいた方がよさそうだ。ARとは、Augmented Realityの略で、日本語でいうと「拡張現実」という意味になる。簡単に言うと、実写の上にリアルタイムでいろいろな情報をのせる技術である。攻殻機動隊とか、電脳コイルのメガネとかをイメージすると分かりやすくとなる。

最初のARのフレームワークなら、もともと、C言語で書かれた「ARToolKit」というARを実現するためのフレームワークではあった。2008年、「NyARToolkit」というJava版のARToolKitを登場した。FLARToolKitとは、Flash上で簡単にARを実現するオープンソースのライブラリである。

gihyo.jpには、以下の様の4回でFLARToolKitってなんというものからマーカーをゲームのコントローラーに使うまで詳しくて説明された。

FLARToolKit-open-source-Augmented-Reality-in-Flash

Continue reading “FLARToolKit: AR(拡張現実)ってのをFlashで簡単に作ることができるライブラリ”

AS3を使用してコンテンツをプリロードする

今日のインターネットの速度のために、ほとんどの小さいFlashプロジェクトにはプリローダーはが実際に必要がありません。といっても、常にすべてのFlashプロジェクトにプリローダーを含めるほうがよいです。このチュートリアルで、私は簡単にどのようにAS3を使用してフラッシュの資産をプリロードする方法を見せます。AS3は、テーブルにもたらす新しいかつ改良イベント構造体のため、プリロードがより合理的なプロセスになりました。あなたがより詳細にプリロードを制御することが出来ます。

Preloading Content Using AS3 001

Continue reading “AS3を使用してコンテンツをプリロードする”

Cast3D: Flashのアニメーションフレームワークライブラリ

Cast3Dとは、アドビFlashのオープンソースのアニメーションフレームワークライブラリです。幾何学とテクスチャーマッピング、スキンアニメーション、3Dサウンド、アニメーションムービーとビデオがサポートされています。

Blenderアニメーションで、以前紹介したPapervision3DAway3Dなどと併用出来ます。合わせて活用できればいろいろ超カッゴイものを作れるね。Cast3DってLGPLなんだなあ。商用も可能のようです。

cast3d-3d-animation-framework-library-for-adobe-flash-in-actionscript3

Continue reading “Cast3D: Flashのアニメーションフレームワークライブラリ”

最新の五つActionScriptチュートリアルを集めた

ActionScriptを勉強するために、優れたチュートリアルは不可欠でしょう。今日、私がインターネットで先週発表されたものを厳選し、五つチュートリアルを本文に集めました。開発環境を整えるブログ、ActionScriptからJavaScriptを呼び出す方法、デジタル時計を作成する方法、自前でドラッグ機能を用意する方法、FLEX SDKインストールガイドという五つチュートリアルです。何かご意見があれば、ぜひコメントください。

ActionScript This Week 03

Continue reading “最新の五つActionScriptチュートリアルを集めた”

Flash CS3とアクションプロジェクト向けベーシックのArrayBinderクラス

Flash CS3とFlex(ActionScript)のプロジェクトに、モデルからビューの部分を分けるようになればプロジェクト構成もわかりやすくて、メンテナンスもしやすくなります(MVC構成ですから、^^)。

※MVCモデルという言葉自体は、Smalltalkというオブジェクト指向言語でのGUI設計に用いられた概念です。MVCとは、 Model、View、Controllerの頭文字をとったものです。

次はfboyleが書かれたArrayBinderというAS3のソースコード、該当インスタンスを利用して各オブジェクトに参照されている属性の値を格納出来ます。

array2

Continue reading “Flash CS3とアクションプロジェクト向けベーシックのArrayBinderクラス”