FZip: ZIP読込み、作成用AS3のライブラリ

Flash技術はウェブ上に良く使われているのです。データ量が大きい場合、圧縮しなくてそのまま送受信するとネットの効果に影響があります。その前、Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)しますにアドビAIRアプリケーション中に使える圧縮機能を紹介しました。今回紹介するのはZIPファイルを読み込み、作成用AS3のオープンソースライブラリです。

実はnochumpにも一つのAS3 zipライブラリをリリースしていました、そのライブラリの圧縮スピードは結構早そうですが、FZipならファイルをロードしながら中身をアクセスできます。

2009の年末にリリースしたFZip 1.5バージョンには、Mac OS XにSWCs, JARsなども解析できました。

使い方は簡単です。

1、パッケージ導入


import deng.fzip.FZip;
import deng.fzip.FZipFile;

2、圧縮ファイルロードで展開できる


zip = new FZip();
zip.load(new URLRequest(“sample.zip”));

3、圧縮ファイルにファイル追加API


addFile(name:String, content:ByteArray = null):FZipFile
addFileAt(index:uint, name:String, content:ByteArray = null):FZipFile
addFileFromString(name:String, content:String, charset:String = “utf-8”):FZipFile
addFileFromStringAt(index:uint, name:String, content:String, charset:String = “utf-8”):FZipFile

もっと詳しい情報はFZipの公式サイトにアクセスしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *