AS3 で外部音声をロードする

多くのFlashプロジェクトに音声がオフラインとオンラインで重要な一部になる。実際に、多くのケースでは、統合音はプロジェクトの最終的な結果を増幅することができる。しかし、他の多く場合、そうではない。AS2で外部音声をFlashプロジェクトにロードするのはかなり簡単な作業である。私はAS2の構文と比較してAS3を使用して、外部音声をロードするつもりである。本文を読んでから、AS3への移行に助ければ、幸いである。何かご意見があれば、コメントください。

Loading External Sounds Using AS3


AS2で外部音声を読み込む


//Create a new sound object
var song:Sound = new Sound ();
//Load the external sound file
song.loadSound(“song.mp3”, true);
//Once loaded play the sopund file
song.onSoundComplete = function() {
song.start();
};

AS3で外部音声を読み込む


//Create an instance of the Sound class
var soundClip:Sound = new Sound();
//Create a new SoundChannel Object
var sndChannel:SoundChannel = new SoundChannel();
//Load sound using URLRequest
soundClip.load(new URLRequest(“song.mp3”));
//Create an event listener that wll update once sound has finished loading
soundClip.addEventListener(Event.COMPLETE, onComplete, false, 0, true);
function onComplete(evt:Event):void {
//Play loaded sound
sndChannel = soundClip.play();
}

違いは何だろう

イベントモデルの整合性

AS3を使って外部の音を読み込む構文はAS2のとに似ている。重要な違いは、AS3は、テーブルにもたらす新しいイベントモデルに統合する必要がある。

音声チャンネルのご紹介

もう1つの違いは、宣言と音声チャンネルを使用するにある。SoundChannelクラスはそれぞれの新しい音声のための個別のチャネルを作成するため使用されている。独自のチャネル内の各音を配置することにより、複数の音で作業することができ、各音声を別々にコントロールする。

終わりに

全体としては、外部音声の読み込み中にAS2からAS3への変更それほど多くない。しかし、AS3は、Flashプロジェクトに音を創造的な使用するに新機能とクラスを導入した。いくつかの他の新機能は音声データの視覚化、ID3メタデータの読み込み、および音声ファイルの変換である。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *