Cast3D: Flashのアニメーションフレームワークライブラリ

Cast3Dとは、アドビFlashのオープンソースのアニメーションフレームワークライブラリです。幾何学とテクスチャーマッピング、スキンアニメーション、3Dサウンド、アニメーションムービーとビデオがサポートされています。

Blenderアニメーションで、以前紹介したPapervision3DAway3Dなどと併用出来ます。合わせて活用できればいろいろ超カッゴイものを作れるね。Cast3DってLGPLなんだなあ。商用も可能のようです。

cast3d-3d-animation-framework-library-for-adobe-flash-in-actionscript3

Cast3Dの使い方(Windowsでの説明)

a.Blenderから.3ds形式で書き出す。
b.Cast3Dのサイトからコンバーター(3ds2XML(Windows, Win32))をダウンロードする。

c.コンバーターに対してパスを通す([マイコンピュータ]-[プロパティ]-[詳細設定]-[環境設定])。

d.コマンドプロンプトに次のように記述し、実行する。


3ds2XML test.3ds test.x3c

e.Cast3Dライブラリをリポジトリから取得する。

f.サンプルが入っているので、それを見習ってPV3Dと併用する。

PV3Dのフォルダ構成が変わっていたりして、コンパイルエラーでまくりで、いろいろコメントアウトしたりするものの、うまくいかず。

使用例:

cast3Dオブジェクト生成:


var animator:Cast3d = new Cast3d(scene, camera);

X3CLoaderを作成してロードモード例:


var loader:X3CLoader = new Xc3Loader(“models/buggy/buggy.x3c”);

loader.resourcePath = “models/buggy/data”;

loader.addEventListener(LoadEvent.LOAD_COMPLETE, cast3dLoadComplete);

loader.addEventListener(LoadEvent.LOAD_ERROR, cast3dLoadError);

loader.load(animator.source);

次のURLはcast3dの公式サイト:http://www.cast3d.org/
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *