最新の五つActionScriptチュートリアルを集めた

ActionScriptを勉強するために、優れたチュートリアルは不可欠でしょう。今日、私がインターネットで先週発表されたものを厳選し、五つチュートリアルを本文に集めました。開発環境を整えるブログ、ActionScriptからJavaScriptを呼び出す方法、デジタル時計を作成する方法、自前でドラッグ機能を用意する方法、FLEX SDKインストールガイドという五つチュートリアルです。何かご意見があれば、ぜひコメントください。

ActionScript This Week 03

1. ActionScriptを始めてみる

wonderfl build flash onlineでActionScriptを書いてみたくなったので、勉強してみようと思いつつも、やっぱりWeb上だけでなく自分のローカル環境でも開発できた方が何かと便利かな?と思って開発環境を整えてみた。

ActionScript This Week 01

 

2. AS 3.0 基本学習0 環境構築-FLEX SDKインストール

そういった方々に報いるためにも、2010年はActionScript3.0関連の情報をblogに少しずつでも掲載していきたいなと思っています。私自身、昨年は3.0からかなり離れて生活していたので(2.0ばかり)、そんな自分の勉強の復習の意味もありです。文法をずらずら並べても面白くないので、画像ビューア等を実際に制作することを通じて記事を書いていく予定です。ということで、まず今回は環境構築。
無料配布されているFLEX SDKのインストールと動作確認についてです。FlashやFlex Builderを持たれている人は環境構築なしで作れるのですが、持っていない人もたくさんいるかと思います。

ActionScript This Week 05

 

3. JavascriptをActionScript内に隠ぺいして実行

FlashのActionScriptからJavascriptを呼びだして実行する方法です。例えば、URL情報はActionScriptでは取得できませんので、Javascriptを呼びだして取得する必要があります。また、mixiアプリでマイミク情報を取得する場合、Ajaxで取得する必要があるため、やはりJavascriptをActionScriptから実行する必要があります。

ActionScript This Week 02

 

4. ActionScriptを活用してデジタル時計を作成する

前回、テキストフィールドに表示するActionScriptを紹介したが、今回はそれを利用して、デジタル時計を作成してみよう。サンプルファイルは、こちらからダウンロードできる。今回のサンプルでは、特にソースファイルを指定する場合は「ソース:~.fla」と記してある。ソースファイルでは、特別なフォントを使用している。フォントが無い場合も見た目は異なるのだが開くことはできるようになっている。アラートが出たら、自分の好きなフォントを指定しなおしてほしい。

ActionScript This Week 03

5. ドラッグ機能を自前で用意する

表示オブジェクトをドラッグする機能を書いてみましょう。 [Spriteオブジェクトをドラッグする]を先に参照してください。 startDrag(), stopDrag()を使用せず、自前でドラッグする機能を書いていきます。

ActionScript This Week 04

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *