ActionScript 条件文: Switch と If/Else if/Else

常にActionScriptに、ある条件で、一つの処理を行い、異なる条件で、別の処理を実施することを決まらなければならないのです。条件文を使用すれば、分岐処理ができます。ただし、どのように書けば読みやすいかということは、他人にとっても、数ヶ月後の自身にとっても、大きな差別があります。

条件文を使うと、ある条件が満たされたかを確認でき、次のActiionScriptを実行できます。条件が満たされなければ、いずれかのアクションを取り、或いは何もしないことを選べます。上記の説明で概念が伝ったかどうか確信しないが、一つの例で理解に役立つと確信しています。

Conditional Statements Switch Versus If Else if Else

条件文の使用方法には、If/Else if/ElseCase and Switch という二つ方法があります。

If/Else if/Else を使用


[sourcecode language=’JavaScript’]
if (color==”blue”) {
trace(”The color is blue”);
} else if (color == “red”) {
trace(”The color is red”);
} else if (color == “green”) {
trace(”The color is green”);
} else {
trace(”The color is black”);
}
[/sourcecode]

このように一致する色まで色をチェックされます。いずれも一致しない場合、「The color is black」の処理に入ります。if/elseで分岐処理ができますが、もっと色とアクションの分岐を多くする場合、面倒で読みにくくなります。それで、同じシナリオのケースで、switchを使用して見てみましょう。

case と switchを使用


[sourcecode language=’JavaScript’]
switch (color) {
case “blue” :
trace(”The color is blue”);
break;
case “red” :
trace(”The color is red”);
break;
case “green” :
trace(”The color is green”);
break;
default :
trace(”The color is black”);
}
[/sourcecode]

case とswitch を使うと、どのアクションの条件が満たされたことを簡単に判断できます。アクションが満たされたまで、すべて可能な色の値をチェックします。break() のため、switch が複雑なif文を効率に代替できます。break で次のステートメントの実行を防ぎます。要するに、長い条件文よりもっと読みやすいものです。

Switch vs If/Else if:どちらを使うか

SwitchIf/Else ifのどちらを使うかのは正しいか間違いかということではなく、ActionScriptの読みやすさとシンプルさを考慮すればよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *