ZLog: MTASC中にも使えるオープンソースのログシステム

MTASC(@see MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラ)を使ったことがある方達は、特にCやC++の経験がある方、何か便利なログクラスが作ってほしい場合があると思いますね。実は自分で作成必要がなくて、今回紹介する「ZLog」はMTASC中にも使えるオープンソースのログシステムです。

ZLogは以下の二つ部分で構成されています。

・console HTMLページに表示する

・connector クラス LocalConnectionオブジェクトを作ってコンソールに渡す

※LocalConnection クラスでは、LocalConnectionクラスとは、AIR以前からも存在した、Flex/Flashアプリケーション同士で通信を行うための仕組みです。LocalConnectionを利用すると単一 SWF ファイルまたは複数の SWF にまたがる別の LocalConnection オブジェクトでメソッドを呼び出す LocalConnection オブジェクトを作成できます。ローカル接続により、fscommand() または JavaScript を使用しなくても、この種類の SWF ファイル間の通信が可能になります。

 

logger lg

【使用方法】

・MTASCから利用する場合、MTASCのコンパイルコマンドの中に、「-trace tv.zarate.Utils.Trace.trc. MTASC 」を追加すれば


trace(“Hello World”)

のようのものは


tv.zarate.Utils.Trace.trc(“Hello world”)

に変換できます。

・Flash IDEもしくはほかのASコンパイラの場合、ZLogも利用できます。必要の操作は

trace()



Trace.trc()

に変換するだけです。

次のURLはデモです。http://zarate.tv/assets/projects/zlog/ZLog.html

ここからダウンロードできます。http://zarate.tv/projects/zlog/#download

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *