LuminicBox.Log: ActionScript Debbug用コンソールツール

前回紹介した「Alcon: オープンソースのActionScript向けの軽量デバッギングツール」とちょっと違って、今回の「LuminicBox.Log」では、ActionScript Debbug用コンソールツールです。ネット上に少し探してみましたが、LuminicBox.Logが使われている場所は多くないし、英語資料でも日本語資料などもあまり見つかりませんでした。

※掲題の件を発表する時点では、開発者のブログは何か問題があって、メンテナンスしているようですから、LuminicBox.Logのダウンロードはできない状態です。

まずはデモを見ましょう。左側のバーの中では、文字列、数字と日付などを出力ボタンが用意されています。クリックすればそれぞれ内容を出力できます。

LuminicBox-Log

LuminicBox.Logのメインの特徴として、以下の様のいくつかあります。

・マルチ出力レベル

出力ログのレベルはユーザで指定できます。LOG, DEBUG, INFO, WARN, ERROR, FATALなどを指定できます。

・Objectタイプチェック

オブジェクトとMovieClipのタイプをチェックするできます。

・マルチ出力ターゲット

log4jと似て、Publishersを利用してマルチターゲットに出力できます。

・Flash 6、7サポート

Flexだけではなくて、Flash6とFlash7でもサポートされています(ちょっと古いけど)。

・GUIコンソール

GUIコンソールでメッセージ内容を見れます。

・小さいサイズ出力ファイル

出力ファイルサイズは小さいです、3KBぐらいのみ。

【関連リンク】

一時アクセスできないですが、とりあえずURLをメモします。

http://luminicbox.com

次はデモのURL、これはアクセスできます。

http://luminicbox.com/dev/flash/log/example.htm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *