OpenAMF: オープンソースのJava Flashリモートツール

OpenAMFとは、JavaのオープンソースのFlash Remotingをするための代替されています。、多くのクライアントには、独自の能力のSWFミリのソリューションよりも、アプリケーションサービスを提供されているプログラムを生成することは、該当プロジェクトの目標です。

Carbon FiveのASTranslatorを組み込んでおり、Flash-Java間のクラス変換についてソース上で全く意識することなく使用できるオープンソースのプロジェクトです。Flash-Javaのクラス・マッピングの記述が必要なって、それは/WEB-INF/openamf-config.xmlに非常にシンプルな形で設定できます。Java側のクラス名が変更になっても、Flashのソースを一切いじらずに修正ができます。

このプロジェクト最初はAMF-PHPのJAVAのポートとしてから始まったです。インタネット中にちょっと探してみましたが、JavaDoc API以外のドキュメントがまだないようです。

・Flash Remotingに必要な環境

僕の環境は次のような感じです。

OS Windows XP Pro
Flash Flash MX
JDK Java2SDK 1.5.12
APサーバ Tomcat 5.5

・クライアントサイドのセットアップ

クライアントサイドにはFlashのほかにFlash Remoting MXコンポーネントをインストールします。これはFlashをインストールしただけでは入りません。Flash Remotingには必須なので 、何も考えずに入れましょう。Macromediaのサイトからダウンロードできます。
ダウンロードするURLはhttp://www.adobe.com/jp/products/flashremoting/downloads/components/です。

・サーバサイドのセットアップ

JavaやTomcatのインストールは簡単なので、ここは省略させて頂きます。OpenAMFのインストールについて、次のURLからダウンロードできます。http://sourceforge.net/projects/openamf/

まず、$CATALINA_HOME/webappsにFlashRemotingというディレクトリをつくりましょう。さらにWEB-INF/lib ディレクトリをつくり、ここにopenamf.jarとlibディレクトリにあるJAR ファイルをすべてコピーしてください。そして、src/web/WEB-INFディレクトリにあるopenamf- config.xmlとweb.xmlをTomcatのWEB-INFディレクトリにコピーしてください。

そこまで必要なもののインストールは終わりました。

サンプルの作成は

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tomeo/flash/1_fr/3_finish.html

http://www.noridon.net/weblogs/archives/2006/01/flex2openamfas.html

を参考して実装してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *