SilentSleeperOS: Flashでディスクトップに直接動いているOS

WebOSとは、Webブラウザ上でデスクトップライクなUI環境を提供するサービスが相次いで発表されています。次のURLにも20個以上のウェブOSが紹介されています(URL: http://ntt.cc/2008/03/04/list-of-the-most-great-web-operating-systems-over-19.html )、「WebOS はインターネットの未来形」という話が言われたところもありますが、今回紹介する「SilentSleeperOS」では、ウェブOSではなくて、Flashで作成され、直接ディスクトップに動作するツールです。

実際にはActionScript 2.0で開発されてるようです。Flash 9以降がサポートされています。SilentSleeperOSはWindows版とMac版があります。インストールはいらなくて、ダウンロードした圧縮ファイル「silentsleeperos.zip」を展開して、「SilentSleeper OS.exe」をダブルクリックして起動できます。以下は起動した画面のScreenShotです。

SilentSleeperOS

起動した画面を見ると「カッゴイ」といわれたのに、実際はそんなディスクトップは何かできるような疑問もあります。「What can it do for us」ね。現在のマシンのOSを変わりにFlashのOSを使用するのはありえないと思いって、一般的なWebOSと違って、ブラウザではないので、ウェブ中に使うこともできないですね。

UIの設計や作れたAPIなどを別のアプリケーションを開発するとき参考できると思いますが、一般的なユーザ・エンドユーザたちに対してどのようの役たちがありますか。そのようなものを開発する目的はなんのですか?理解できないな。。。

参考リソース:

List of The Most Great Web operating systems(19+)

公式サイト:

http://silentsleeper.com/SilentSleeperOS/

1 thought on “SilentSleeperOS: Flashでディスクトップに直接動いているOS”

  1. It seems that your have found my OS. It was simply made from interest, a hobby(i’m still in University), and i quit this SilentSleeper OS over a year ago since there was no Goal for the OS. I was simply discovering all the possiblities of Flash.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *