Layout Managers: オープンソースのFlashレイアウトマネジャー

「as3mathlib」(※as3mathlib: ActionScript3の各種数学演算のルーチン集)や「APE」(※APE(ActionScript Physics Engine): FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジン)などを利用すると、各種数学演算と物体の描画、動きが再現することはできます。

一般的なFlashアプリケーションには、物体の描画だけではなくて、その物体の位置が移動、物体と物体の間の幅の調整も必要です。もちろん、ActionScriptで実現できますが、ちょっと面倒な感じがありますね。

何か簡単でFlashコンテツーのレイアウトが管理できるものがありませんか。あるあるよ、今回紹介する「Layout Managers」というものは、オープンソースのFlashレイアウトマネジャーです。それを利用すると、簡単でレイアウトを管理できます。

以下の様で、

flash-layout-manager

物体と物体の間、物体と「舞台」の幅は、下記のソースで描画できます。


import nbilyk.gui.layoutManagers.GridLayout_3_0;

var lm:GridLayout_3_0 = new GridLayout_3_0(this, 5, 5);
lm.leftMargin = 10;
lm.topMargin = 20;
lm.rightMargin = 20;
lm.bottomMargin = 20;
lm.hGap = 8;
lm.defaultHAlign = GridLayout_3_0.RIGHT;
lm.defaultVAlign = GridLayout_3_0.BOTTOM;

// Add your MovieClip(s) to the layout manager.
lm.addObj(mc1, mc2, mc3);
lm.drawNow();

ここは上記のデモです。触ってみよう。

[関連リンク]

http://www.nbilyk.com/flash-layout-manager 公式ページ

http://www.nbilyk.com/sites/default/files/layoutManagersSrc.zip ライブラリソースダウンロードURL

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *