APE(ActionScript Physics Engine): FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジン

「APE」とは、ActionScript Physics Engineの略、FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジンです(ActionScript Libraryリスト中の物理エンジンリストの一つね)。MITライセンスですから、商用でも可能です。APEを使うと重力や摩擦抵抗を加味した物体の動きが再現できます。デモを試してみると物体同士の関連性も考慮されているような感じです。

APEを使うとゲームやCG内で、描画する物体の動き(落ちる、爆発する、変形する等)を高度にシミュレーションすることは簡単となると思います。

公式サイトに、CarDemoは車風の車輪がついた物体を動かすデモがあります。A/Dキーで左右に動かせます。その状態で他の物体とぶつかったり、ジャンプしたりといった事が可能ですよ。

APE 

関連リンク
http://code.google.com/p/ape/  公式サイト
http://www.cove.org/ape/

3 thoughts on “APE(ActionScript Physics Engine): FlashやFlexで利用できるAS3で書かれたオープンソースの2D物理エンジン”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *