ASAP: オープンソースのFlash ActionScript 2.0/3.0 Flashアプリケーションの共通の挑戦に実用的で、再使用可能なパターンベースの解決を提供するフレームワーク

「ASAP ActionScript Application Framework」とは、Flash ActionScript 2.0(現時点ではActionScript 3.0でもサポートされている)で開発され、RIA※のアプリケーションの共通の挑戦に実用的で、再使用可能なパターンベースの解決を提供するオープンソースのフレームワークです。

※RIAとは、「Rich Internet Applications」の略、ユーザインターフェースにFlashやJavaアプレット、Ajaxなどを用いて、単純なHTMLで記述されたページよりも操作性や表現力に優れたWebアプリケーションのこと。 Webページを記述するHTMLは文字や静止画像を組み合わせて静的なページを記述することが目的で設計されたため、Webアプリケーションの操作性や表現力は通常のアプリケーションソフトから考えると大きく見劣りする。ページ遷移を伴う操作は動作が重く誤操作の原因ともなりやすい。 こうした状況を改善するため、WebブラウザにFlashなどで実装されたクライアントを読み込ませて実行させることにより、Webアプリケーションのメリットを活かしたまま操作性や表現力を向上させたアプリケーションが登場した。これがRIAである。

下記のイメージは公式サイトに公開されているデモの一つです。以下のURLでソースをアクセスできます。公式サイト中に、まだいろいろサンプルがあります。

https://svn.sourceforge.net/svnroot/asapframework/trunk/asapframework/demos/BuiltWithASAP

ASAP-ActionScript-Application-Framework

以下は該当オープンソースのプロジェクトの情報の一部です。

開発状況: 製品レベル/安定

想定利用者: 開発者

ライセンス: Apache License V2.0

OS: OS非依存

開発言語: ActionScript

トピック: フレームワーク

開発者: 3人

プロジェクト登録日時: 2005-06-26 16:38

関連リンク

http://sourceforge.net/projects/asapframework 

公式サイト

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *