Colorer take5: Eclipse IDE環境のオープンソースのテキスト文法解析・ハイライトプラグイン(ActionScriptもサポートされる)

エディタが色分けされてちょっとだけ見やすい感じですね。Colorer take5は、Eclipse IDEだけでなくいろいろプラットフォームで利用できます、汎用色づけライブラリ群です。HTML/XHTML、XML、Java、C/C++、PHP、JSP、Perl、ASP、ActionScriptなどいろいろ開発言語のハイライトがサポートされています。「Colorer take5」を基づいてテキストに解析を行ったり、ハイライト(着色)をしたりすることができます。Mozilla Public License 1.1に準じます。また、GNU GPL 2.0 / LGPL 2.1を選択することも可能です。

※Eclipse IDEについてはEclipse: オープンソースの統合開発環境(IDE)であるを参考してください。

・Colorer take5の主な機能・特徴

  • 100種以上のプログラミング言語やスクリプト、マックアップをサポート。
  • Colorerライブラリは容易に他のアプリケーションに統合される。
  • Java API、C-based APIなどのAPIを提供
  • エンドユーザ用のEclipse 用のプラグイン、FAR Manager、Midnight Commanderシェールも用意
  • Unicodeサポート
  • オープンソース(もちろんこれも一つ ^^)

Colorer-take5

関連リンク

http://colorer.sourceforge.net/ 公式サイト

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *