ASDT – ActionScript Development Tool: EclipseでActionScriptを開発するためのプラグイン

前回紹介した「FlashDevelop: .NETで開発されていてオープンソースのFlash/ActionScript 用のWindows向けIDE開発環境」のFlashDevelopは、.NETで開発されたので、Windowsのみ動かせます。MACやLinuxは使えません。マルチプラットフォームに対応した開発環境といえばやっはり「Eclipse」ですよね。今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはASDT(ActionScript Development Toolの略)、EclipseでActionScriptを開発するためのプラグインです。

ASDTとはActionScript Development Tools の略でActionScript対応のエクリプスプラグインです。ハイライト表示、コードの折り畳み、コードの入力補完、構文チェック、MTASCコンパイラ、Eclipseとの統合(実はAdobe Flex BuilderもEclipseがベースになっている)、outlineビュー、SWFビューなどの機能を備えています。

・Eclipseの環境にASDTのインストール方法

Eclipseのヘルプ→更新サイト→新規リモートホストに以下のようのASDT項目を追加する

ASDT

「新規リモート・サイト」を選択して次のように指定します。

  • 名前 : 適当な名前(ここでは ASDT)
  • URL : http://aseclipseplugin.sourceforge.net/updates/

すると一覧に追加したサイトが表示されるのでチェックして「終了」を選択して、出てるダイアログの提示よりインストールできます。

・関連リンク

url http://asdt.org/ 公式サイト

urlhttp://sourceforge.net/projects/aseclipseplugin/

1 thought on “ASDT – ActionScript Development Tool: EclipseでActionScriptを開発するためのプラグイン”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *