FlashCommand: オープンソースのFlashのコンパイルをコマンドラインから起動するツール

FlashCommandとは、AdobeのMike Chambersさんが個人の趣味で、仕事以外の自分のプライベイトの時間を利用して作ったFlashのコンパイルをコマンドラインから起動するツールです。初期のバージョンは2003年に公開されました。C#で作ったので、WindowsのOSのみ対応していました。「MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラ」のMTASCと少し似てるものです。

Flash MX 2004 からの新機能であるバッチ処理用の「コマンド」や、「ヒストリー」の機能などに利用されていますが、JSFL というファイルを作成することで(公式な仕様はまだ出てません)、自分で制御することも可能です。FlashCommandではその機能を応用して、コマンドラインから swf ファイルの生成が出来るようにした補助ツールです。外部エディタでファイルを記述している人が、Flash に切り替えなくてもその場でパブリッシュするといった使い方ができます。

2004年の2月にFlashCommandのOS Xバージョンがリリースされました。現在はFlash CS3まで対応しているようです。

以下はFlashCommandの使用方法です。


FlashCommand.exe -e | -c | -p [-q] [-v] [-x] [-q] (-s) ([-l] [])
([-o] ) ([-f] ) ([-t] )

-version : Prints out information about the program.
-help | Prints out usage information.

-e : Specifies export action.
-c : Specifies save and compact action.
-p : Specifies publish action.

-l : Specifies whether output should be logged to a file. Optional. Takes an optional
param specifying the path to the log file. If not specifies, log files will be
place in \log
-q : Specifies quite mode. Optional. If specified, no output will be written to console
(although it may still be logged).
-v : Specifies verbose mode.
-d : Specifies temp directory that will be used for temporary file.
-s : Specifies source files. Required.
-o : Specifies the output file if -e flag is also set. Optional. If not specifies,
file will be output to same directory as source.
-x : Specifies whether Flash should be closed after it is done processing. Optional.
-k : Specifies whether the temp jsfl file should be deleted. Optional.

-f : Specifies Flash executable path. Optional.
-t : Specifies timeout value. Optional
-d : Specifies temp directory. Optional.

リソース

http://www.mikechambers.com/blog/index.php?s=FlashCommand Mike Chambersのブログ

http://code.google.com/p/flashcommand/ pythonバージョンのFlashCommand

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *