Javaソース自身を出力するプログラム

以下のJavaソースはソースコード自身を出力するものです。実は全然意味がないソースコードですよね。

効率などため、個人的に、Javaはそんなに好きな開発言語ではないです。^^)!

解説

Javaとは、C言語に似た表記法を採用しているが、C言語など、既存の言語の欠点を踏まえて一から設計された言語であり、今までの言語にない完全なオブジェクト指向性を備えている。

また、強力なセキュリティ機構や豊富なネットワーク関連の機能が標準で搭載されており、ネットワーク環境で利用されることを強く意識した仕様になっている。

以下はソースコードです。 なんとなく面白いと思いますので、興味があればぜひソースを読んでください。


public class SelfPrint {
public static void main(String args[]) {
char s = 34;
char _r = 13;
char _n = 10;
char _ = 92;
char r = 114;
char n = 110;
String str = new String();
String a = “public class SelfPrint {\r \n public static void main(String args[]) {\r\n char s = 34;\r \n char _r = 13;\r\n char _n = 10;\r\n char _ = 92;\r \n char r = 114;\r\n char n = 110;\r \n String str = new String();\r\n String a = %s;\r \n System.out.printf(a, (s+a+s).replace(str+_r+_n, str+_+r+_+n));\r \n }\r\n}//ソース自身出力”;
System.out.printf(a, (s+a+s).replace(str+_r+_n, str+_+r+_+n));
}
}

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *