AFLAX Library: Flash8で強化されたJavaScriptとの連携機能を使って実現されるJavaScriptのためのオープンソースFlashライブラリ

その前にSalasagaというFlashコンテンaflax_logo_whiteツを作成するエディタを紹介しました(Salasaga:クロスプラットフォームのFlashコンテンツを作成するオープンソースエディタ)。Flex/Flashのウェブアプリケーションには、単にではなくて、HTMLやPHPやJavaなど連携する場合おおいです。もちろん、JavaScriptも。今回紹介するAFLAXは、「Asynchronous Flash and XML」の略です。 AFLAX Libraryは、 Flash8で強化されたJavaScriptとの連携機能を使って実現されるJavaScriptのためのFlashライブラリです。AFLAXはFlashとAjaxを融合する方法だなー。

AFLAXには、Flash 8で実装されたExternalInterface APIを使うことでブラウザ側JavaScriptとシームレスにやり取りすることが可能です。

一番シンプルなスタイルでは、以下のファイルのみでFlashコマンドが利用可能です。
例えば、ブートストラップファイルのみで簡潔するような利用方法(DrawAPIで図形を描く等)です。

  • /include/nifty.js
  • /lib/AFLAX/aflax.js
  • /lib/MochiKit/MochiKit.js
  • /lib/AFLAX/aflax.swf //ブートストラップSWFファイル

以下はAJAX Libraryを集成してDojo VideoPlayer Widgetデモ:

AFLAX

ホームページURL:http://www.aflax.org/

いろいろデモ:http://www.aflax.org/demos.htm

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *