FlexアプリケーションにYouTubeビデオを埋め込むサンプルソースコード

YouTubeは2005年設立してからすっごく人気になるよね。WordPressとかほかのBSP提供されているブログシステムとか、YouTubeビデオの埋め込む機能があります。実はFlex/Flashアプリケーションにも簡単で実現できます。サンプルソースは簡単なビデオのプレイだけですが、それを基づいてYouTubeのビデオを探してプレイするツールも作れます。

※知識点:YouTubeとは、2005年2月に設立された米ネットベンチャーYouTube社が運営する、動画コンテンツ共有サイト。会員登録をすることによって誰でも容量100MB、再生時間10分以内の動画ファイルをアップロードし公開することができる。YouTubeで公開された動画ファイルは会員登録をしていないユーザでも無料で閲覧することができる。閲覧したい動画のキーワード検索も行うことができ、会員登録したユーザはさらに閲覧した動画に対するコメントを投稿したり、動画を5段階で評価したりといったこともできる。

下記はサンプルソースコード:











簡単ですよね。

1 thought on “FlexアプリケーションにYouTubeビデオを埋め込むサンプルソースコード”

  1. SWFLoaderを複数設置して、それぞれに違ったYoutubeビデオをloadさせると、一つのSWFLoaderしか表示されません。複数のSWFLoaderで複数のYoutubeビデオを同時に表示する方法はありますか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *