Flash CS3でAmazon SimpleDBをアクセスサンプルソース

まずは、Amazon SimpleDBとはなんというものの概要説明をみてください。

“ドメイン”と呼ぶ単位でデータベースを管理。ドメイン内のデータに対してGET、PULL、DELETEのほか、シンプルなコマンドでクエリを実行可能。アマゾンはSimpleDBのクエリについて「いまのところは5秒以内に実行される」としている。米アマゾンは2007年12月13日、Webサービスとして動作するWebアプリケーション向けのデータベース「Amazon SimpleDB」を限定公開した。SimpleDBは単純なAPIセットでアクセス可能。データフォーマットやスキーマの事前設定は不要。アマゾンはスキーマの事前設定をなくしたことで「アプリケーション開発の柔軟性が大幅に増す」としている。アプリケーションの拡張に合わせたスケーラビリティがあり、1ドメインはベータ版では最大10GBまで利用可能。100ドメインまで作成できる。

サイトに登録すれば、誰でもサービスを利用できる。またAmazonは、月額利用料金の一定期間の無料化とスキーマの設計が不要で、自動的にデータをインデックス化、ユーザーはシンプルなAPIでデータの保存、アクセスができるため、従来のリレーショナルデータベースよりも簡単など便利な特徴がありますので、いろいろなサイトはそのサービスを使ってきます。PHP, Java, Python, Rubyなどは簡単でAmazon SimpleDBのAPIを呼ばれます。Googleで検索してみましたが、Flex/FlashでAmazon SimpleDBのAPIを使うサンプルはあまりないです。

本PostのサンプルソースはAS3ライブラリillustratedlifeを利用してAmazon SimpleDBをアクセスソースです。download ここにクリックしてダウンロードすることをできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *