MXML属性に"{‘\n’}"を使ってTextコンポーネント文字列を改行するように

MXML(Macromedia Flex Markup Language)とは、Flexアプリケーションを作成するため、XMLを拡張した“タグ言語”です。ML=マークアップ言語なのでHTMLとも似ています。

重要なこととして,MXMLの実体は簡単に言ってしまうとActionScript 3です。MXMLで書かれたコードをコンパイルすると,まずActionScript 3に変換され,そしてswf形式(バイナリコード)にコンパイルされます。

※ActionScriptというのはActionScript Libraryリストに参照してください。

一般的なTextコンポーネントなどText属性に改行「”\n”」を入れると、そのままで「”\n”」が表示されています。そうではなくて、「”\n”」の場合、文字列を改行させますか。標題のような”{‘\n’}”を使うとできます。以下のソースを参考して自分のサンプルを作ってみてください。




実行結果:

lineBreakExample

ActionScriptで実現する場合、そのような処理は要らなくて、MXMLタグでText属性の場合だけということ、ご注意ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *