FlexlibのTreeGridコンポーネントを利用してカスタマイズデータ構造を階層化ツリーデータグリッドを実現する

Flex 3のAdvanced DataGrid–新しく追加されたAdvanced DataGridコンポーネントを使用すると、階層データや基本的なピボットテーブルなどの頻繁に使用される機能をDataGridに追加できますが、データ構造をカスタマイズしたい場合、Advanced DataGridで実現するのは難しいですよね。オーブンソースのライブラリFlexLibのTreeGridでそれを簡単で実現できます。

FlexLibはオープンソースのMIT Licenseで配布され、Adobe Flex2、Flex3用のUIコンポーネントです。AdvancedForm(フォーム要素), Base64Image(Base64), EnhancedButtonSkin, CanvasButton, ConvertibleTreeList, Draggable Slider, Fire, Highlighter(ハイライト表示), HorizontalAxisDataSelector IconLoader, ImageMap(イメージマップ), PromptingTextArea, PromptingTextInput, Scrollable Menu Controls, SuperTabNavigator, Alternative Scrolling Canvases, Horizontal Accordion, TreeGrid(ツリーグリッド), FlowBox(フローボックス), Docking ToolBar(ドッキングツールバー), Flex Scheduling Framework(Flexスケジューリング)などコンポーネントが提供されています(どんどん増やしている)。

Continue reading “FlexlibのTreeGridコンポーネントを利用してカスタマイズデータ構造を階層化ツリーデータグリッドを実現する”

MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラ

MTASCとは、Motion-Twin ActionScript2 Compilerの略、コマンドラインActionScript 2.0コンパイラーだ。2005年1月頃に、version1.0が出た。Javaにおけるjavacのような感覚でSWFの開発ができる。MTASCを利用して、Flashファイル(SWFファイル)を作るにはMacromedia Flashを使わないといけないわけではないだ。MTASCを使えばFlashのスクリプトActionScriptを記述することで、Flashファイルを生成することをできる。MTASCはコマンドラインから利用するので、エディタでC/C++などを開発することを慣れる方にたいして、Flashの煩雑なGUIを利用せず、使い慣れたエディタを利用してプログラムを作成できる(デザイナーの人にとっては、扱いにくいものに感じられるかも)。

Continue reading “MTASC(Motion-Twin ActionScript2 Compiler): フリーのコマンドラインActionScript(Flash)コンパイラ”

AFLAX Library: Flash8で強化されたJavaScriptとの連携機能を使って実現されるJavaScriptのためのオープンソースFlashライブラリ

その前にSalasagaというFlashコンテンaflax_logo_whiteツを作成するエディタを紹介しました(Salasaga:クロスプラットフォームのFlashコンテンツを作成するオープンソースエディタ)。Flex/Flashのウェブアプリケーションには、単にではなくて、HTMLやPHPやJavaなど連携する場合おおいです。もちろん、JavaScriptも。今回紹介するAFLAXは、「Asynchronous Flash and XML」の略です。 AFLAX Libraryは、 Flash8で強化されたJavaScriptとの連携機能を使って実現されるJavaScriptのためのFlashライブラリです。AFLAXはFlashとAjaxを融合する方法だなー。

Continue reading “AFLAX Library: Flash8で強化されたJavaScriptとの連携機能を使って実現されるJavaScriptのためのオープンソースFlashライブラリ”

Flex中にsetTimeout()関数を利用して規定時間内活動していないと自動的でログアウトとする

セキュリティなど要求があるアプリケーション(金融や銀行などいろいろね)には、ある規定時間内、ユーザさんが何の操作もしなければ、自動的でログアウトさせてセッションを終了するようになります。setTimeout()関数を利用して、マウスとキーボードの操作をリッスン(MouseEvent.MOUSE_MOVE、MouseEvent.CLICKとKeyboardEvent.KEY_DOWN)して、ユーザのディレイ時間を計算して、規定時間と比べて、超えるとログアウト処理を行います。

Continue reading “Flex中にsetTimeout()関数を利用して規定時間内活動していないと自動的でログアウトとする”

Flexcover: Flex/AIR/AS3用のオープンソースのコードカバレッジ(テストのコード網羅チェック)ツール

Flexcoverとは、Allurent社のJoe Berkovitz氏が発表された、Flex・AIR・AS3用のオープンソースのコードカバレッジ(テストのコード網羅チェック)ツールだ。

Flex、AIR、AS3に対応していて、mxmlc/compc コンパイラとフレームワークに独自に手を加えたカスタムバージョンのFlexSDKを含んでいて、出力したSWF、SWCファイルに測定用の呼び出し関数を挿入することで、コードの実行とその回数を検知する仕組み。

Continue reading “Flexcover: Flex/AIR/AS3用のオープンソースのコードカバレッジ(テストのコード網羅チェック)ツール”

Salasaga:クロスプラットフォームのFlashコンテンツを作成するオープンソースエディタ

この前紹介された「Ajax Animator」(@See 「Ajax Animator」:ExtJSを基づいてWebベースのアニメーションを作成するオープンソース・ソフトウェア)はFlashのようなアニメーションが作成できるソフトウェアだ。Salasagaとは、高品質なFlashコンテンツを作成するエディタである(Flame Projectと呼ばれていた場合もある)。Flashの作成となると、OpenOffice.orgのDrawが持つ限られた機能を使ってFlash形式へのエクスポートを行うのが関の山だ。Salasaga は、PC向けの教材やアニメーションをFlashで作成できるAdobe Captivateの機能を提供することにより、こうした不足を補おうとする取り組みだ。

Continue reading “Salasaga:クロスプラットフォームのFlashコンテンツを作成するオープンソースエディタ”

「Ajax Animator」:ExtJSを基づいてWebベースのアニメーションを作成するオープンソース・ソフトウェア

「AJAX Animator」は2008年8月初旬リリースされた、AJAXテクノロジーを使用し、完全に標準ベースで、オンラインで(優秀なExt JS 2.1フレームワークを使用し、UIを定義する)、協力的なWebベースのア ニメーションスイートを提供するオープンソースプロジェクトである。実際操作してみると、タイムラインベースで、レイヤーによる階層化が可能ですから、まるでFlashのようなアニメーションが作成できるソフトウェアだと思う感じがある。AJAX Animatorを使用して作成されたアニメーションは、共通のフォーマットに変換することができる。「ファイルボタンで、強 力なJSONベースのファイルフォーマットを使用することができる。その下に新しい公開メニューがあり、ユーザはAdobe Flash、Processing (言語)、Microsoft Silverlight (XAML)およびAnimated GIFなどの複数のフォーマットをエクスポートすることができる」としている。

Continue reading “「Ajax Animator」:ExtJSを基づいてWebベースのアニメーションを作成するオープンソース・ソフトウェア”

SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション

Adobe AIRアプリケーションにLoaderクラスを利用してロードされた画像ファイル、内部的に圧縮されたSWFファイルではなくて独自なフレームとして保存されます(そのような話について、正式なドキュメントとか資料はないようですが、誰か知ってるとぜひ教えていただきますね)。

BitmapDataをPNGやJPEGなどをエンコードして、loadBytesメソッドでLoaderにロードして、終わったらLoaderInfoクラスのbytesというプロパティでSWFに出力するようになります。そうする、SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存することをできました。注意しなければいけないのは、そのような操作はAdobe AIRだけです。ほかのウェブ系とかはいけないです。

Continue reading “SWFフォーマット画像ファイルをローカルに保存とするAdobe AIRアプリケーション”

jQueryを使ってXMLを解析操作する(サンプルソースコード含める)

jQuery は、JavaScript™ と Ajax (Asynchronous JavaScript + XML) のプログラミングを単純化する 、2006年の初めに John Resig によって作成されました。JavaScript コードを扱うすべての人にとって素晴らしいライブラリーです。jQuery は、他の類似の JavaScript ライブラリーとは異なるユニークな考え方を持っており、一般的で複雑なコードを簡潔に表現することができます。この記事では、jQuery の考え方を学び、その特徴と機能を知り、いくつかの一般的な Ajax タスクを実行し、またプラグインを使って jQuery を拡張する方法を学びます。 Continue reading “jQueryを使ってXMLを解析操作する(サンプルソースコード含める)”

_CrtSetBreakAlloc (CRT)でCPPのメモリリークを検出する

最近VCを利用してCPPプログラムの作業をやってます。ソース中メモリのコントロールところが多いですから、メモリリークをよく発生しました。毎回ソースコードを読んでnew-deleteをチェックすると時間をかかるのに効率が悪いです。_CrtSetBreakAllocを利用してチェックしてみました、使いやすい関数です。

Continue reading “_CrtSetBreakAlloc (CRT)でCPPのメモリリークを検出する”

PHPで画像のサムネイルを生成するソースコードと使用例(GDライブラリ)

小さい画像を生成するのは、一般的なイメージは画像を編集する専用ソフトウェアを使って作成しますね。Webアプリケーションの場合それはもちろん無理ですよね。Web系には、ほぼ全てをPHPスクリプトが自動で行ってくれますので、ブラウザからアップロードできるのでサイトを更新する時に画像を使いたい人にはとっても便利なんです。特にメンドクサイ画像エディタを使って「元の画像」「サムネイル画像」両方をFTPでアップして・・・とかなんてのは必要ないし、 WordPressとか、MovableTypeなどのブログを使ってる人もこっちの方が全然使い勝手がいいです。PHPにはその機能を簡単で実現できますか。

Continue reading “PHPで画像のサムネイルを生成するソースコードと使用例(GDライブラリ)”

FlexアプリケーションにYouTubeビデオを埋め込むサンプルソースコード

YouTubeは2005年設立してからすっごく人気になるよね。WordPressとかほかのBSP提供されているブログシステムとか、YouTubeビデオの埋め込む機能があります。実はFlex/Flashアプリケーションにも簡単で実現できます。サンプルソースは簡単なビデオのプレイだけですが、それを基づいてYouTubeのビデオを探してプレイするツールも作れます。

※知識点:YouTubeとは、2005年2月に設立された米ネットベンチャーYouTube社が運営する、動画コンテンツ共有サイト。会員登録をすることによって誰でも容量100MB、再生時間10分以内の動画ファイルをアップロードし公開することができる。YouTubeで公開された動画ファイルは会員登録をしていないユーザでも無料で閲覧することができる。閲覧したい動画のキーワード検索も行うことができ、会員登録したユーザはさらに閲覧した動画に対するコメントを投稿したり、動画を5段階で評価したりといったこともできる。

Continue reading “FlexアプリケーションにYouTubeビデオを埋め込むサンプルソースコード”

Flash CS3でAmazon SimpleDBをアクセスサンプルソース

まずは、Amazon SimpleDBとはなんというものの概要説明をみてください。

“ドメイン”と呼ぶ単位でデータベースを管理。ドメイン内のデータに対してGET、PULL、DELETEのほか、シンプルなコマンドでクエリを実行可能。アマゾンはSimpleDBのクエリについて「いまのところは5秒以内に実行される」としている。米アマゾンは2007年12月13日、Webサービスとして動作するWebアプリケーション向けのデータベース「Amazon SimpleDB」を限定公開した。SimpleDBは単純なAPIセットでアクセス可能。データフォーマットやスキーマの事前設定は不要。アマゾンはスキーマの事前設定をなくしたことで「アプリケーション開発の柔軟性が大幅に増す」としている。アプリケーションの拡張に合わせたスケーラビリティがあり、1ドメインはベータ版では最大10GBまで利用可能。100ドメインまで作成できる。

Continue reading “Flash CS3でAmazon SimpleDBをアクセスサンプルソース”

Javaでiniファイルを読み書きクラスソース

この前の「JavaでCSV形式のファイルを読み書きするライブラリソースと使用例(BufferedReaderとFileReaderを利用する)」には、JavaでCSVファイルの読み書きすることを紹介しました。今回は、Javaでiniファイルを読み書きクラスソースです。JavaでXMLファイルの操作、DOM (Document Object Model) とSAX (Simple API for XML)のようなライブラリがありますので、一般的なJavaで開発されているシステムの設定ファイルなどは、XMLがよく使われていますが、iniファイルをいじって開発するプログラム/システムもあるし、DOM、SAXのような別のライブラリをインポートしたくない場合もありますね。

javaのjava.util.Propertiesなら、下記のようなソースで簡単なiniファイルを読めますが、「セッション」の概念がないことは、残念ですよね。

※XMLとは、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つ。マークアップ言語とは、「タグ」と呼ばれる特定の文字列で地の文に構造を埋め込んでいく言語のことで、XMLはユーザが独自のタグを指定できることから、マークアップ言語を作成するためのメタ言語とも言われる。

Continue reading “Javaでiniファイルを読み書きクラスソース”

MXML属性に"{‘\n’}"を使ってTextコンポーネント文字列を改行するように

MXML(Macromedia Flex Markup Language)とは、Flexアプリケーションを作成するため、XMLを拡張した“タグ言語”です。ML=マークアップ言語なのでHTMLとも似ています。

重要なこととして,MXMLの実体は簡単に言ってしまうとActionScript 3です。MXMLで書かれたコードをコンパイルすると,まずActionScript 3に変換され,そしてswf形式(バイナリコード)にコンパイルされます。

※ActionScriptというのはActionScript Libraryリストに参照してください。

Continue reading “MXML属性に"{‘\n’}"を使ってTextコンポーネント文字列を改行するように”