CSSでFlexアプリケーションにMP3サウンドファイルを埋め込む操作

小さなサウンドの場合、外部のファイルからサウンドをロードする代わりに埋め込みサウンドを使用するのは最も有効です。

アプリケーションにサウンドファイルを埋め込むと、そのサウンドファイルのサイズだけ SWF ファイルのサイズが増加します。つまり、アプリケーションに大きなサウンドファイルを埋め込むと、SWF ファイルが望ましくない大きなサイズになる可能性があります。

Flex アプリケーションにサウンドアセットを埋め込む場合、次のような方法があります。

  • スクリプトで [Embed] メタデータタグを使用する
  • MXML で @Embed ディレクティブを使用して、埋め込みアセットを Button や SoundEffect などのコンポーネントのプロパティとして割り当てる
  • CSS ファイル内で @Embed ディレクティブを使用する

次のコードは「sounds.mp3」というサウンドファイルをCSS ファイル内で @Embed ディレクティブを使用するサンプルです。

まずは、下記のようなコードをCSSファイルに定義します。


MySound{
url: Embed(source=’assets/sounds.mp3′);
}

以下は該当CSSを利用するMXMLソースコードです。










そのような使うとCSSの定義より、Themeよってそれぞれのサウンドを切り替えることを出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *