ANT+Adobe Flex SDKを利用してSWCファイルにコンパイルする

Antは、Jakartaプロジェクトから提供されている、Java用のメイクツールです。 Unixのメイク(make)コマンドと同じような機能があります。ソースファイルと実行ファイルの日付を比較し、ソースファイルが更新されたものだけ、実行ファイルの生成を行うため、効率よくビルドできます。Javaのツールですが、Flexアプリケーションには、ANTも使えますよ。

既存のプロジェクトの Flex Ant タスクを使用するか、Flex Ant タスクを使用する新しい Ant プロジェクトを作成できます。次の 3 つのタスクは、Ant プロジェクトで使用できます。

  • mxmlc タスク。アプリケーションコンパイラを呼び出します。このコンパイラを使用して、Flex アプリケーション、モジュールおよび CSS SWF ファイルをコンパイルします。
  • compc タスク。コンポーネントコンパイラを呼び出します。このコンパイラを使用して、SWC ファイルとランタイム共有ライブラリ(RSL)をコンパイルします。
  • html-wrapper タスク。Flex アプリケーション用の HTML ラッパーとサポートファイルを生成します。このタスクを使用して、ラッパーの種類を選択し(ディープリンクサポートの有無、高速インストールの有無、プレーヤー検出の有無)、高さ、幅、背景色などのアプリケーション設定を指定します。

Antを使ってビルドするためには、ビルド時のルールをbuild.xmlというXML形式のファイルで記述する必要があります。

次の二つファイルをFlexプロジェクトに追加すればANTでコンパイルできます。

1)、build.properties:


###### Flex Properties ##############################
# change this path to your flex sdk directory
# Use “/” in your directory path e.g. C:/FlexSDK/3.0.0
FLEX_HOME=C:/flex_sdk_4.0
###### Project Properties ###########################
src-dir=${basedir}/src

2)、build.xml:




build.propertiesには、ローカル環境Flex SDKの情報を格納しています。build.xmlはbuild.propertiesの情報を読んでコンパイルコマンドを行ってSWCファイルをコンパイルします。

参考:ANTのマニュアル

http://ant.apache.org/manual/index.html

1 thought on “ANT+Adobe Flex SDKを利用してSWCファイルにコンパイルする”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *