Javaでカレントディレクトリを移動することは可能?

Javaの中で、カレントなディレクトリを移動させ、相対PATHで既存ディレクトリを認識させる場合がありませんか?

成功しましたか?

多分、OSのコマンド”CD”などを使えばできますが、OS依存になってしまいます。Javaの中でカレントディレクトリを移動する場合、System.setProperty()メソッドを利用して、”user.dir”を書き換えれば良いと思った方がいらっしゃるかもしれないですが、

実は、プログラムでカレントディレクトリを変更するのは、基本的に不可能です。

下記のソースと実行結果を見るとすぐ分かると思います。

Continue reading “Javaでカレントディレクトリを移動することは可能?”

CSSでFlexアプリケーションにMP3サウンドファイルを埋め込む操作

小さなサウンドの場合、外部のファイルからサウンドをロードする代わりに埋め込みサウンドを使用するのは最も有効です。

アプリケーションにサウンドファイルを埋め込むと、そのサウンドファイルのサイズだけ SWF ファイルのサイズが増加します。つまり、アプリケーションに大きなサウンドファイルを埋め込むと、SWF ファイルが望ましくない大きなサイズになる可能性があります。

Flex アプリケーションにサウンドアセットを埋め込む場合、次のような方法があります。

Continue reading “CSSでFlexアプリケーションにMP3サウンドファイルを埋め込む操作”

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した

「古い」のニュースだと思いますが、イベントのメモとして記録します。

リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版、米アドビ システムズは12月18日(米国時間)に正式で公開しました。ダウンロードパッケージはFedora 8、Ubuntu 7.10、openSUSE 10.3に対応していて(統合デスクトップ環境はGNOMEとKDEに対応する)、AdobeはこれまでにWindows版とMac OS X版を提供しています。

Continue reading “リッチインターネットアプリケーション (RIA) 実行環境「Adobe AIR 1.5」のLinux版を公開した”

Adobe AIRアプリケーションのインストールパスにファイルURIを取得するサンプルソースコード

この前に、Adobe AIR 1.5でSQLiteデータベースを暗号化とするサンプルソースコードCPreferencesManager: Adobe AIRのpreferencesマネージャークラスであるなどを勉強しました。今回はAIRの勉強を続きましょうー

Adobe AIRは、デスクトップ・アプリケーションを開発するので、ローカルファイルのアクセス操作は普通ですね。

一般的に、ファイルオブジェクトのURL属性をアクセスするとファイルのURIなど情報を取れますが、AIRアプリケーションには、そのような情報を取れません。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーションのインストールパスにファイルURIを取得するサンプルソースコード”

ActionScriptのスコープをちゃんと理解しよう

下記はウィキペディア(Wikipedia)に「スコープ」についての説明です。

プログラミングでのスコープとは、ある変数や関数が特定の名前で参照される範囲のこと。ある範囲の外に置いた変数等は、通常、その名前だけでは参照できない。このときこれらの変数はスコープ外である、「見えない」といわれる。

スコープの種類について、構文範囲から分類すると、以下のような5種類があります。

Continue reading “ActionScriptのスコープをちゃんと理解しよう”

Mavenを使ってFlexアプリケーションをコンパイルとするサンプル

MavenとはApache Software Foundationで開発されて、Project Object Model (POM) という考え方に基づき、プロジェクトのビルド、テスト、ドキュメンテーション、成果物の配備など、プロジェクトのライフサイクル全体を管理するソフトウェアプロジェクト管理ツールです。

Maven を使用すると、プロジェクトのライフサイクルに含まれるコンパイルやテストなどの各作業をコマンド一つで行うことができます。この前ANT+Adobe Flex SDKを利用してSWCファイルにコンパイルするに紹介されてプロジェクトのビルドツールである Ant とは異なり、Maven はプロジェクト管理ツールとして、プロジェクトに関する色々な情報を POM に集約し、POM の情報に基づきプロジェクト全体を管理します。

Continue reading “Mavenを使ってFlexアプリケーションをコンパイルとするサンプル”

mx_intrenalとは、何というものですか(添付:mx_intrenalの名前空間の属性や関数をアクセスサンプルソースコード)

Flex frameworkのソースコードを見ると、いくつか属性、関数の先頭はmx_internalです。これは何というものですか。

実は、mx_intrenalって、namespaceの一種です。将来的に変更が入る可能性の高いAPIに使用されており、mx_internalがついたAPI(class/method)に関するドキュメント(レファレンス)は公開されていません。故にmx_internalがついたAPI(class/method)を自分のアプリケーションに直接記述するのはとても危険です。

Continue reading “mx_intrenalとは、何というものですか(添付:mx_intrenalの名前空間の属性や関数をアクセスサンプルソースコード)”

使いやすいオープンソースのActionScriptデバッグツールリスト

ActionScript 3.0 デバッガは、Flash ワークスペースをデバッグワークスペースに変換します。デバッグワークスペースには、[アクション] パネルやスクリプトウィンドウ、デバッグコンソール、および [変数] パネルなど、デバッグに使用されるパネルが表示されます。

デバッグコンソールには呼び出しスタックが表示され、スクリプトを順番に処理するツールが存在しています。生成済みswfをブラウザで閲覧しながら、デバッグできる方法としては、Flash自身のリモートデバッグがありますが、ほかのもっと使いやすいデバッグツールがありませんか。

もちろんあるよ。以下は使いやすいだけではなくて、オープンソースのデバッグツールの代表リストです。

Continue reading “使いやすいオープンソースのActionScriptデバッグツールリスト”

Groovyでプログラムソースコード行数の計算をすっごく簡単で実現する

開発者に対して、自分は何行ぐらいソースを書くのは、気になってるはずです。Googleで検索するとそのようなツールも多いと思います。

開発者として、自分のソース行数計算ツールを作ってほしいですね。Groovyだったらすごっく簡単の何行ソースで実現できます。

※Groovyとは、Java言語の実行環境であるJava仮想マシン(JVM)上で動作するスクリプト言語である。Java言語とほぼ同じで、スクリプト言語として使いやすいよういくつかの拡張が行なわれている。

変数の型宣言の省略と動的な型付け、メソッド呼び出しの括弧や行末のセミコロンの省略、リストやマップを宣言時に初期化するための特殊な構文、正規表現のための構文、クロージャなどである。

Continue reading “Groovyでプログラムソースコード行数の計算をすっごく簡単で実現する”

ANT+Adobe Flex SDKを利用してSWCファイルにコンパイルする

Antは、Jakartaプロジェクトから提供されている、Java用のメイクツールです。 Unixのメイク(make)コマンドと同じような機能があります。ソースファイルと実行ファイルの日付を比較し、ソースファイルが更新されたものだけ、実行ファイルの生成を行うため、効率よくビルドできます。Javaのツールですが、Flexアプリケーションには、ANTも使えますよ。

既存のプロジェクトの Flex Ant タスクを使用するか、Flex Ant タスクを使用する新しい Ant プロジェクトを作成できます。次の 3 つのタスクは、Ant プロジェクトで使用できます。

Continue reading “ANT+Adobe Flex SDKを利用してSWCファイルにコンパイルする”

JavaでCSV形式のファイルを読み書きするライブラリソースと使用例(BufferedReaderとFileReaderを利用する)

一般的なプロジェクトの設定ファイルとか、メッセージファイルとか、普通はXMLファイルに保存としますが、マイクロソフトのOffice Ecxelが広くて使用されてますので、CSVを操作するところも多いです。

CSVでは、データの各要素をカンマ(「,」)で区切り、改行がそのままデータ行の区切りを表します。

CSVデータは、一般に「.csv」という拡張子の付いたテキストファイルとして保存されます。テキストエディタだけでなく、Microsoft Excelなどの表計算ソフトでも読み込むことができ、閲覧や編集が簡単なため、よく利用されます。

以下のクラスには、BufferedReaderとFileReader利用して、CSV形式のファイルを読みかけます。

Continue reading “JavaでCSV形式のファイルを読み書きするライブラリソースと使用例(BufferedReaderとFileReaderを利用する)”