Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します

通信データ量が多いAdobe AIRアプリケーションに対して、圧縮機能を使わなくて直接データを送受信すると効率方面もよくないし、無駄なリソースも必要となりました。

ByteArray クラスは、バイトレベルでデータにアクセスする必要がある上級の ActionScript 開発者を対象としています。ByteArray クラスには、バイナリデータの読み取り、書き込み、および操作を最適化するメソッドおよびプロパティがあります。該当クラスの「compress():void」というメソッドはzlib 圧縮を使用して、バイト配列を圧縮します。

圧縮すると通信データ量も小さくとなって、スペードをアップすることができますね。以下はActionScriptとJavaの圧縮データ通信のサンプルソースコードです。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中に圧縮機能(ZIP:ByteArray)を利用してデータを通信(ActionScriptとJava)します”

Flex中にFelxPrintJobを利用せずExternalInterfaceでJavaScriptを呼んで直接印刷とする

Flex中に、PrintJobをラップする『FlexPrintJob』というクラスを利用すれば印刷することをできますが、このクラスを使わなくて、ブラウザ自身の印刷機能を利用して印刷するのは可能ですか。

それからの内容はExternalInterfaceでJavaScriptを呼んで直接ブラウザの印刷機能を利用してプリンタする処理を説明します。

ActionScript とコンテナアプリケーションとの間の通信を容易にするため、ExternalInterface クラスには 2 つの静的プロパティと 2 つの静的メソッドが用意されています。これらのプロパティとメソッドは、外部インターフェイス接続に関する情報(JavaScript 関数など)を取得し、コンテナ内のコードを ActionScript から実行し、コンテナから ActionScript 関数を呼び出せるようにするために使用されます。JavaScriptでブラウザの印刷機能を呼ぶのは簡単となれますね。

※ExternalInterface.call() メソッドでは、コンテナアプリケーション内のコードが実行されます。パラメータは最低 1 つ必要で、コンテナアプリケーション内で呼び出される関数の名前を含んだストリングを指定します。ExternalInterface.call() メソッドに渡された追加パラメータは、関数呼び出しのパラメータとしてコンテナに渡されます。
Continue reading “Flex中にFelxPrintJobを利用せずExternalInterfaceでJavaScriptを呼んで直接印刷とする”

Adobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールを利用して設計能力(効率)を上がりましょう

AdobeのFlexとか、Flashとかを利用して作ったアプリケーションはとてもクールだと思います。もちろん、AIRのものも。

(前回紹介されたAdobe AIRが使ったGoogle関係製品のリストAdobe AIRマルチメディアアプリケーションツールリスト(写真とビデオなど)の各アプリケーションはカッコいいでしょう)

Webデザインナだったら、色を取り、サムネイルを作り、Webページの捕獲などはよくしていると思いますね。色を取るのは、Adobe PhotoShopなどもできますけど、簡単な機能でそんな大きいソフトウェアの利用はやっはり変ですね。何か簡単なツールでできませんか。答えるはもちろん「はい」です。下記はAdobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールリストです、ぜひ利用してみよう。

Continue reading “Adobe AIRで作ったWebデザイン関連ツールを利用して設計能力(効率)を上がりましょう”