Flexアプリケーション中にAMFPHPを利用してPHP、MySQLと接続、通信サンプルソースコード

AMFPHPとは、PHPで動作するオープンソースの Flash Remotingサーバである。インストールとか設定とかが簡単で、AMFPHPのサービスブラウザも便利だ。

AMF(「Action Message Format」の略称)とは、ActionScript で使用されるメッセージを交換するためのフォーマットということでです。AMF ではサーバーとクライアントの通信をバイナリデータで行なうため、従来のようなテキストデーターでのやり取りだけでなく、オブジェクトデーターの交換も可能になります。

今回のサンプルはFlexアプリケーション中にAMFPHPを利用してPHP、MySQLと接続、データ交換の流れを説明してみます。

1)、AMFPHPホームページをダウンロードする:http://www.amfphp.org

2)、ダウンロードしたAMFPHPファイルをウェブサーバの配下に展開する

3)、展開したフォルダをブラウザしてみる。 たとえば、ローカルウェブサーバの場合、http://localhost/your_directory/のようなURLでアクセスする、your_directoryはステプ2のフォルダです。

4)、「gateway.php」というファイルを呼んでみてAMFPHPのインストールが成功かどうかの確認

5)、MySQLサーバのインストールとデータベースの作成(具体的な手順ここは説明しません)

6)、「FlexAMFPHP.php」ファイルを作成して、以下のソースをコピーする



7)、サーバのセキュリティ設定より、crossdomain.xmlを必要かもしれない







8)、それ以外は下記の二つのクラスを準備する


すべてプロジェクトソースはここにダウンロード、もっと詳しい情報はここに参考してください。

3 thoughts on “Flexアプリケーション中にAMFPHPを利用してPHP、MySQLと接続、通信サンプルソースコード”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *