JavaServer Faces(JSF) 2.0中にAjaxを利用するサンプルソースコード

JavaServer Faces (JSF) はJavaベースの Webアプリケーションフレームワーク であり、Java EEアプリケーションのユーザーインターフェイスの開発を簡単にする。表示技術として使用するが、JSFはXULなどの他の表示技術を利用することもできる。

Ajax(エイジャックス、アジャックス)は、ウェブブラウザ内で非同期通信とインターフェイスの構築などを行う技術の総称。XMLHttpRequest(HTTP通信を行うためのJavaScript組み込みクラス)による非同期通信を利用し、通信結果に応じてダイナミックHTMLで動的にページの一部を書き換えるというアプローチを取る。

最近、Web 2.0の発展にしたがって、Ajaxも広くてよく使われている。もともとWeb上で実現できない操作も、Ajaxを利用して素敵な実現できた。下記はJSF中にAjaxを利用するサンプルである。

まずは、下記のようなJSFソース:


import javax.faces.event.ActionEvent;
import javax.faces.model.ManagedBean;
import javax.faces.model.SessionScoped;

@ManagedBean(name = “count”)
@SessionScoped
public class Count {
Integer count = 0;

public Integer getCount() {
return count++;
}

public void reset(ActionEvent ae) {
count = 0;
}
}

下記はフェイス部分のサンプルソース:






Ajax














Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *