ウェブブラウザから利用可能なマイクロソフトのOffice Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した

コンピュータ技術を発展したがって以前ウェブ上でいろいろな実現できない機能もできました。ウェブOSでも、ウェブOfficeでも全部快速で発展していました。マイクロソフトは10月28日、開発者向けイベント「Professional Developers Conference 2008」で、ウェブブラウザから利用可能なMicrosoft Office Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した。PDC(Professional Developer Conference 2008) は、すべての Microsoft 製プラットフォームおよび製品に関する開発者向け会議で、今回2年ぶりに開催された。

Office Web は、『Word』『Excel』『PowerPoint』および Office ユーザー向けのメモ帳ユーティリティ アプリケーション『OneNote』からなる。対応ブラウザは『Internet Explorer』、Mozilla Foundation の『Firefox』、Apple の『Safari』だ。ウェブ版、モバイル版、PC版のすべてをシームレスに切り替えながら、ファイルの互換性を失うことなくドキュメントを編集できるという。これについて、GoogleのウェブOfficeに対しての対策だ。

Microsoftのチーフ ソフトウェア アーキテクトであるRay Ozzie氏は、「ウェブの最も良い部分をWindowsに反映し、Windowsの最も良い部分をウェブにもたらした」とコメントしている。

個人ユーザーにはOffice Liveを通じて提供される。企業ユーザーにはホスト型のプログラム、もしくは既存のボリュームライセンスプログラムを通じて提供される。2008年末までにプライベート テクニカル プレビューをリリースする予定だ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *