Flexアプリケーション中にAMFPHPを利用してPHP、MySQLと接続、通信サンプルソースコード

AMFPHPとは、PHPで動作するオープンソースの Flash Remotingサーバである。インストールとか設定とかが簡単で、AMFPHPのサービスブラウザも便利だ。

AMF(「Action Message Format」の略称)とは、ActionScript で使用されるメッセージを交換するためのフォーマットということでです。AMF ではサーバーとクライアントの通信をバイナリデータで行なうため、従来のようなテキストデーターでのやり取りだけでなく、オブジェクトデーターの交換も可能になります。

今回のサンプルはFlexアプリケーション中にAMFPHPを利用してPHP、MySQLと接続、データ交換の流れを説明してみます。

Continue reading “Flexアプリケーション中にAMFPHPを利用してPHP、MySQLと接続、通信サンプルソースコード”

Flexアプリケーションにマルチ言語対応(サンプルソースコード添付)

この前紹介した「Flexアプリケーションにバージョンコントロールを実装するライブラリとサンプルソース」のバージョンコントロールと同じ、アプリケーションのマルチ言語対応も重要の一つとなりました。

大きいなソフトWindows OSでも世界中メインな言語バージョンを対応していました。Adobe PhotoShopとか、Flex Builderとか、Flashなども英語版、日本語版、中国版などいろいろ言語を対応していました。ほかの言語バージョンの対応、もちろんゼロから再開発必要ではなくて、言語と関係する部分のリソースだけを多言語となると実現できます。

リソースの多言語化の実現もいろいろやり方があります。言語リソースをデータベースに保存するとか、ファイルに保存するとか、WindowsだったらDLL化となるとか…

以下はサンプルソースでステプbyステプでFlexアプリケーションにマルチ言語対応を説明いたします。

Continue reading “Flexアプリケーションにマルチ言語対応(サンプルソースコード添付)”

Flexアプリケーションにバージョンコントロールを実装するライブラリとサンプルソース

一般的なソフトウェア、デスクトップアプリケーションでもWeb系アプリケーションでも、マイクロソフトのWindowsも同じでバージョンの自動更新機能があります。

ユーザさんたちはわざわざソフトウェアのホームページにアクセス必要がなくて、ソフトウェアを起動するとき、

自動的で新しいバージョンがあるかどうかチェックして、あれば更新するかどうか確認メッセージを出るのはカッコいいですね。

そのような機能、Flex中にはどう実装するはずですか。以下は実装の詳細です。

Continue reading “Flexアプリケーションにバージョンコントロールを実装するライブラリとサンプルソース”

mx.loggingを使ってFlexアプリケーションをデバッグする

プロジェクトの開発中に、特に大きいなプロジェクトで、バッグの発生するのは避けないことです。モジュールが多くて、ソース量もすっごく多いので、何のモジュールの何の関数に不具合を発生する確定は難しいです。

一般的な対策として、運用中ログ(Fatal,error,warm,info,debug)を出力とします。何か問題を発生して出力されたログファイルを探すとエラーを発生の原因、場所を分かれますね。

Flexに対して、Flex SDK中に既にmx.logging.*パッケージを含めています。これを利用すると各レベルログの出力は簡単となれます。

詳しいサンプルソースは以下のようです(該当サンプルはファイルへ出力するまでではなくて、ログ情報を取得するまでだけです)。

Continue reading “mx.loggingを使ってFlexアプリケーションをデバッグする”

Adobe AIR 1.5でSQLiteデータベースを暗号化とするサンプルソースコード

SQLiteはサーバとしてではなくアプリケーションに組み込まれて利用される軽量DBMSデータベースである。中小規模ならば速度も遜色はない。

また、APIは単純で単にライブラリを呼び出すだけであり、データの保存には単一のファイルしか使用しない事も特徴である。

クライアント/サーバモデルではないので、SQLiteの無料版中に一般的なデータベースのユーザの概念もないである。データを保存する単一ファイルも暗号化されてない。それはセキュリティ必要があるアプリケーションに対して不便だとなる。

Adobe AIR 1.5におかけ様でSQLiteデータベースの暗号化は簡単で実装できる。以下はサンプルソースコードである。

Continue reading “Adobe AIR 1.5でSQLiteデータベースを暗号化とするサンプルソースコード”

Adobe AIRアプリケーション中に一つSQLStatementインスタンスでマルチSQLの命令文を実行するソースコード

プロジェクトを開発中に、一般的、SQL命令文は全部一つファイルに保存して、AIRアプリケーション(AIR以外でも同じだと思う)に埋め込みます。そうすれば近いSQL文を一つファイルに見やすくて、メンテナンスことも簡単となります。

1回でマルチSQL文を実行するところもあるともいます。残念なんですが、AIRのSQLStatementクラスで1回実行すると最初のSQL命令しか実行されないです(SQLStatementというクラスはSQLの命令文を実行するのに必要なクラスです)。

1回でマルチSQL命令文を実行することは可能ですか。以下のソースはそいうことを実現とします。

やり方はとても簡単のです、ループして’;’で区切る一つのSQL命令文となります。
以下はソースコードです。
Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中に一つSQLStatementインスタンスでマルチSQLの命令文を実行するソースコード”

JavaFXの「Hello World」サンプル

JavaのGUIはSwingなどを利用して作成されてきました。このSwingによるGUI作成にはいろいろと問題がありました。まず、「非常に面倒である」という点。Swingは、正直、ちょっとしたものを作るには複雑すぎるのです。JavaFXは、非常にシンプルなスクリプト言語の形をしています。

Swingと同等レベルのGUIを構築できながら、しかも扱いは非常に単純です。また、JavaFXによるGUIの作成は、手続き方式ではなく「宣言」式に行うことができます。GUIを構造的に記述し作成できるのです。これは、非常に分かりやすいです。

では、JavaFXを使って簡単な「Hello World」サンプルを作ってみましょう。

Continue reading “JavaFXの「Hello World」サンプル”

MD5CryptoServiceProviderを利用して文字列をMD5でハッシュ化(暗号化)のC#関数

MD5(エムディーファイブ、Message Digest Algorithm 5)というものは、MITのロナルド・リベスト教授開発された、入力にたして128バイトのハッシュ形式で出力することである。

パスワードなどセキュリティ要求があるアプリケーションには、テキスト形式ではなくて、暗号化しなければいけないですね。

電子署名を必要とするアプリケーションなども、RSAで署名を生成する際に、メッセージを直接対象として署名を生成するのではなく、メッセージのハッシュ値を生成し、ハッシュ値に対して署名を生成する。このようないろいろなところはMD5を使える。

C、C++でMD5を実装するのはそんな簡単ではないですが、C#だったら、MD5CryptoServiceProviderを利用して簡単で実現できます。下記は関数のソースコードです。

Continue reading “MD5CryptoServiceProviderを利用して文字列をMD5でハッシュ化(暗号化)のC#関数”

有用なAdobe PhotoShop(アドビ フォトショップ)チュートリアルリスト

自分のホームページとか、ブログとかウェブサイトを持ってると、バナー、ロゴのデザインは必要ですよね。一番有名なツールはPhotoshopだと思います。

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)は、アドビシステムズが販売しているビットマップ画像編集ソフトウェアである。フォトレタッチツールを代表するソフトである。

Adobe PhotoShopの機能としてはすごく強いですが、使い方は簡単ではないです。

以下のチュートリアは、Adobe PhotoShopを利用してさまざまな効果を実現することの詳しい説明です。これらを参考して自分で操作すればいろいろ自分がほしいものも作れると思います。

Continue reading “有用なAdobe PhotoShop(アドビ フォトショップ)チュートリアルリスト”

JavaServer Faces(JSF) 2.0中にAjaxを利用するサンプルソースコード

JavaServer Faces (JSF) はJavaベースの Webアプリケーションフレームワーク であり、Java EEアプリケーションのユーザーインターフェイスの開発を簡単にする。表示技術として使用するが、JSFはXULなどの他の表示技術を利用することもできる。

Ajax(エイジャックス、アジャックス)は、ウェブブラウザ内で非同期通信とインターフェイスの構築などを行う技術の総称。XMLHttpRequest(HTTP通信を行うためのJavaScript組み込みクラス)による非同期通信を利用し、通信結果に応じてダイナミックHTMLで動的にページの一部を書き換えるというアプローチを取る。

最近、Web 2.0の発展にしたがって、Ajaxも広くてよく使われている。もともとWeb上で実現できない操作も、Ajaxを利用して素敵な実現できた。下記はJSF中にAjaxを利用するサンプルである。

Continue reading “JavaServer Faces(JSF) 2.0中にAjaxを利用するサンプルソースコード”

CPreferencesManager: Adobe AIRのpreferencesマネージャークラスである

普通のWindowsアプリケーション、プログラムを起動して画面のサイズ、位置などを変更して終了すると、もう一回プログラムを起動すれば前回終了した状態のまま(画面のサイズ、位置など)で起動することをできます。普通のやり方としては、必要なサイズ、位置情報をファイルに書き込んで、次回起動するとき参照して再現とします。

MFCとか、VB.NETとかで実現すれば既存のpreferencesクラスを使えますが、Adobe AIR 1.1に対しては、そんなクラスが提供されてないです。下記の「CPreferencesManager」というクラスは、スターテク関数で必要なpreferences情報を格納できるクラスです。

Continue reading “CPreferencesManager: Adobe AIRのpreferencesマネージャークラスである”

Adobe AIRソーシャル・ネットワーキング(Social Network Service: SNS)アプリケーションリスト

今回紹介させるのはAdobe AIRソーシャル・ネットワーキング(Social Network)アプリケーションです。まず、SNSというのは簡単で説明させていただきます。

SNSサービスは1997年から開始され100万ユーザーまでいったSixDegrees.comなどがあるが、本格的に普及したのは少し後の2002年にスタンフォード大学の卒業生が始めたFriendsterから、アメリカの大手検索エンジン提供会社Googleの一社員であったOrkut Buyukkoktenが開発したorkutなども有名で2004年1月には日本でもIT関係者の間で本格的に広まった。

日本では一番有名なソーシャル・ネットワーキングはMixiである。mixiでは「日記」、様々なコミュニティ、商品・作品などの感想・評価を書き込める、普段聴いている音楽情報を共有、モバイル専用で、様々なゲームが楽しめることができる。

Twitterなどマイクロブログイン(Microblogging)とコミュニケーションしやすいAdobe AIRアプリケーションリスト」中に紹介されてるようと同じAdobe AIRアプリケーションを纏めて下記のようなリストがある。

Continue reading “Adobe AIRソーシャル・ネットワーキング(Social Network Service: SNS)アプリケーションリスト”

Twitterなどマイクロブログイン(Microblogging)とコミュニケーションしやすいAdobe AIRアプリケーションリスト

Micro-bloggingというのは、表示レイアウトだけではなくて、本文でも短くて(通常200文字以内)の形式で、端の方にあるとか、つんぶるるみたいに文字がやたらでかいとか、選択してJSAで一発投稿みたいな感じにしないとそれっぽくないようなブログするである。代表的なサイトはTwitterがあります(基本的は、TwitterはすでにMicro-bloggingの代表となるようです)。

Twitterなどウェブサービスを利用しやすくていろいろなクライアントツールを出てました。Adobe Airによるものということで、ソフトウェアのデザインとしては秀逸ですね、もちろん、Adobe AIRによるTwitterなどのクライアントアプリケーションもありました。

下記はネット上で探して整理したAdobe AIRよるマイクロブログイン(Microblogging)のアプリケーションリストです。ぜひ楽しみに。

Continue reading “Twitterなどマイクロブログイン(Microblogging)とコミュニケーションしやすいAdobe AIRアプリケーションリスト”

Adobe AIRアプリケーション中にPDFをプレビューする

Portable Document Format (ポータブル・ドキュメント・フォーマット、略称PDF) は、アドビシステムズが開発および提唱する、電子上の文書に関するファイルフォーマットである。「作成したドキュメントを異なる環境のコンピュータで元のレイアウトどおりに表示・印刷できる 」、「ドキュメントのセキュリティを設定できる」、「圧縮してデータを格納し、ファイルサイズを小さくできる」、「しおり・リンク・コメント・注釈といった、ドキュメントを画面に表示するときに便利な機能を設定できる」、「フォーム機能を使って、利用者の入力欄を受け取るような書式設定済み文書を作成できる」、「音声化などアクセシビリティに配慮したドキュメントを作成できる」、「マルチメディアに対応している」などいろいろな特長があるので、いろいろな領域中に、PDFがよく使われてます。

しかし、ずっと理解できないのは、同じアドビの製品AIR中に、PDFファイルを表示するコンポーネントをインクルードされてません。直接PDFを表示できるコンポーネットがないのですが、mx:HTMLコンポーネットを利用するとAdobe AIRアプリケーション中にもPDFをプレビューすることができます。

Continue reading “Adobe AIRアプリケーション中にPDFをプレビューする”

ウェブブラウザから利用可能なマイクロソフトのOffice Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した

コンピュータ技術を発展したがって以前ウェブ上でいろいろな実現できない機能もできました。ウェブOSでも、ウェブOfficeでも全部快速で発展していました。マイクロソフトは10月28日、開発者向けイベント「Professional Developers Conference 2008」で、ウェブブラウザから利用可能なMicrosoft Office Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した。PDC(Professional Developer Conference 2008) は、すべての Microsoft 製プラットフォームおよび製品に関する開発者向け会議で、今回2年ぶりに開催された。

Continue reading “ウェブブラウザから利用可能なマイクロソフトのOffice Word、Excel、PowerPoint、OneNoteの軽量バージョンのデモを初公開した”